滝山寺鬼まつりのスケジュール、見どころの時間帯は?アクセス方法は?

滝山寺鬼まつりの火まつりは一度は見ておきたいお祭りです。
写真撮影が目的の観光客も日本中からたくさん訪れます。
しかし、地元ほど行ったことがないという人が多いのです。
なぜかというと、日取りが旧暦に従っており、『旧暦1月7日に近い土曜日 』なので、さっぱりわかりません。
もうちょっと詳しく大々的にアナウンスしてくれると助かるんですけどね。
だいたい新聞記事で昨日、滝山寺鬼まつりがありましたと載っていて、ああそうだったのか!これがほんとの『あとのまつり 』ってことになるんですよね。
2017年の開催日は平成29年は2月11日です。
滝山寺鬼まつりのスケジュールと、アクセス方法について参考にしてください。
ド迫力の火まつりはほんの15分間です。
シャッターチャンスを取り逃さないように!

スポンサーリンク

滝山寺鬼まつりのスケジュール

平成29年は2月11日 雨天決行

(1)午後1時より 宝物殿にて寺宝展

(2)午後3時より午後4時頃 大松明・ 12人衆登山行列(仁王門発)
大松明・ 12人衆登山行列とは、将軍の使者として鬼まつりを行う滝山寺学頭(住職)が江戸から到着したことを表すものです。

(3)午後5時より 仏前法要

(4)午後6時20分頃 長刀お礼振り

(5) 午後6時30分頃 鬼塚供養(豆まき)
鬼塚には昔、身を浄めずに祭りで鬼面をかぶったために、面が取れなくなって悶死した山伏を埋めたという伝説があります。またこの時、山伏が父面・母面をかぶったまま埋められたため、現在 、この2面が存在しないとも伝えられます。
豆撒きは豆というか飴です。当たると結構いたいです。

(6)午後7時 庭まつり(田遊祭)
田植えなどの農作業の過程を詞と所作で表現し、田植え歌も歌います。

(7) 午後7時45分頃 火まつり
運慶作と伝えられる祖父面、祖母面、孫面をかぶった鬼が登場し、大たいまつを持った数十人の人々が乱舞するかのように従います。暗闇の中にたいまつの火がゆらめく様は勇壮で、まつりは最高潮に達します。

スポンサーリンク

(8)午後8時 終了

滝山寺鬼まつりの基本情報

開催日:旧暦1月7日に近い土曜日
平成29年は2月11日になります。

開催地:愛知県岡崎市滝町山籠

電話:0564−46−2296

滝山寺鬼まつりへのアクセス

アクセス :名鉄バスでは、滝山寺(岡崎市)の「滝山寺・鬼まつり」開催にあわせて、臨時駐車場(愛知県岡崎総合運動場(県営グランド))から滝山寺への有料シャトルバス及び「東岡崎駅」停留所から「滝山寺」停留所への臨時バスを運行します。

運行日:平成29年2月11日(土)

有料シャトルバス

・運行区間:愛知県岡崎総合運動場(県営グランド)臨時駐車場 ~ 滝山寺
(県営グランドの乗降場は、路線バスの「総合グランド前」停留所となります。)
・運行時間:総合グランド前 発 17時00分~19時30分まで
滝山寺 発 17時30分頃~20時15分まで
※上記時間以外は、下記の路線バスをご利用ください。
・片道運賃:大人 200円
小人 100円

路線バス(臨時バス)

・運行区間:東岡崎~滝山寺

※臨時バスのみ「滝山寺」停留所での乗降となります。
臨時バス以外は通常の路線バスで、「滝山寺下」停留所での乗降となります。

・片道運賃(東岡崎駅から):大人 380円
小人 190円

時刻表など詳細は名鉄バスホームページをご覧ください。

まとめ

クライマックスの火まつりは、午後7時45分~8時までと短時間です。
写真撮影が目的の人は昼には寺に到着してるくらいの準備が必要なのかもしれません。
圧巻のシャッターチャンスを逃すことが無いようにね。

スポンサーリンク