福島県への出張で会社の女子から喜ばれる「お土産おやつ」2選

福島県の名物でお値段も手ごろで数があっておいしいお土産ってなんでしょうか?
じつは福島県への出張に行くことになりました。
会社へのお土産はどのようなものが喜ばれるのでしょうか。
このお土産のセンスで女子からのあたりも良くなるそうですから気が抜けません。
ある程度メジャーで知っている人が多くて、確実に駅や空港で買えるものを教えてください。
という23才男子会社員のご要望にお応えして、福島県の厳選お土産お菓子を2つご紹介します。

スポンサーリンク

福島出張で女性社員に喜ばれるお土産お菓子は「ままどおる」

【特徴】
「ままどおる」は福島県郡山市の「三万石」が製造しているお菓子です。

【価格帯 】
5個入り432円(税込)~

【ホームページ】
http://www.sanmangoku.co.jp/Goods/mamadoru.html

【お客様の声】

やわらかくて、しっとりした白あんのお菓子です。
外の生地がやわらかいので、どの年代にもおいしく、喜ばれるのだと思います。
購入から1週間程度たち、まだ残っていたなんて時も、個包装で消費期限や原材料名なども記載されているので安心。消費期限当日のものを食べましたが、変わらずしっとりしていました。
高速道路のパーキングなどで買うことが多かったのですが、三万石のお店を発見したときには「これか!」と同時に「食べたい!!」と。店舗も県内のあちこちにあるようで、お求めしやすいですね。

【通販】
買い忘れ、手ぶら帰りに

スポンサーリンク

福島出張で女性社員に喜ばれるお土産お菓子は「檸檬(れも)」

【特徴】
「檸檬(れも)」は福島県郡山市の「柏屋」が製造しているお菓子です。

【価格帯 】
3個入り486円 (税込)~

【ホームページ】
http://www.usukawa.co.jp/products/lemo/

【お客様の声】

美味しくて全く飽きません。暑い日に冷蔵庫内に入れて置き食べる前にレンジで20秒チンをしていただきましたが、檸檬がかたまってしまいましたので涼しい処におき、なるべくそのまま食べた方が届けていただいた時と変わらず、れもんの香りそのまま美味しくふんわりした檸檬そのままで食べるのがベストだと感じました。

【通販】
買い忘れ、手ぶら帰りに

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする