銭洗弁財天宇賀福神社の金運UP参拝(銭洗い)方法と人気のお守り

正式名称は銭洗弁財天宇賀福神社(ぜにあらいべんざいてんうがふくじんじゃ)ですが、銭洗弁天(ぜにあらいべんてん)のほうが一般的に知られていますね。

こちらでは、洞窟の霊水でお金を洗うと倍になって戻ってくるといわれている金運UPのパワースポットとして有名な神社です。

ご利益を授かるための参拝方法やお守りについてご説明しましょう。

スポンサーリンク

銭洗弁財天宇賀福神社とは?

源頼朝が夢のお告げにより創建し、
北条時頼がここに湧く霊水で銭を洗って
一族繁栄を祈ったのが始まりとされています。

鎌倉五名水の一つであるこの清水で、
お金を洗って清めると何倍にもなって戻ってくるそうですよ。

銭洗弁天での参拝方法

社務所で100円を納めると、
「ろうそく、線香、ざる」の銭洗いセットが渡されます。


100円を納めなくてもざるは置いてありますのでお金を清めることはできますが。

お線香を立てる(=身を清める)、
蝋燭を立てる(=闇を照らす智慧の光)
それぞれを奉納します。

この際大切なのが、
真心を込めてお線香や蝋燭を灯すことです。

その後本社(奥宮)に参拝します。

ざるにお金を入れて
柄杓で3杯ほどお水をかけ清めます。


お金は、
水で清めた後に拭くものが神社には用意されていないので、
自分でお金を拭くハンカチやティッシュを
用意してから行くと良いでしょう。

スポンサーリンク

銭洗弁天のお守り

「御寳銭」「おたから小判」というお守りが人気があります。

見た目も小判の形をしていて、なんだかご利益がありそうですね。

初穂料 300円

お財布の中に入れておくとお金に困らないらしいですよ。

銭洗弁天の基本情報

【所在地】
神奈川県鎌倉市佐助2-25-16

【TEL】
0467-25-1081

【参拝時間】
8時~16時30分
社務所は8時~16時

【定休日】
なし

【アクセス】
徒歩:JR横須賀線「鎌倉駅」西口から徒歩25分

車:横浜横須賀道 朝比奈ICから約30分

バス:鎌倉駅から銭洗弁天方面へのバスはありません。
銭洗弁天の周辺は道幅が狭く、バスが通ることができないからです。

【駐車場】
無料、10台
※土曜日・日曜日と巳の日の10時~17時は、
周辺道路が進入禁止となるので駐車場を利用することができなくなります。

まとめ

洗ったお金を使うことで、世の中に循環させ、巡り巡って自分に戻ってくるのだそうです。

スポンサーリンク