岐阜県出張のお土産で会社女子に喜ばれるおやつ菓子2選

岐阜県への出張に行くことになりました。
岐阜県の名物でお値段も手ごろで数があって会社でのお茶うけにうってつけのお土産ってありますか?
このお土産のセンスで女子の評判も違ってくるので気が抜けません。
ある程度メジャーで、確実に駅などでも買えるものを教えてください。
という26才男子会社員のご要望にお応えして、岐阜県の厳選お土産お菓子を2つご紹介します。

スポンサーリンク

岐阜出張のお土産で会社女子に喜ばれるお菓子「栗きんとん」

【特徴】
「栗きんとん」は岐阜県中津川市の「すや」が製造しているお菓子です。
販売期間:9月~1月

【価格帯 】
6個入り1,533円(税込)~

【ホームページ】
https://www.suya-honke.co.jp/index01.html

【お客様の声】

有名な栗きんとん、中津川すやさんこそ本物の栗きんとんを提供してくださる貴重なお店です。山栗にこだわり、その素朴な味を楽しめるのは唯一このお店だけです。
中央本線中津川駅からすぐの場所に有ります。
岐阜県の中津川、恵那には沢山の栗のお菓子屋さんがあり、特に有名な栗きんとんは、各店がこのすやさんの、そっくりさん、を販売して居られますね。
100年前、もともと酢を商っておられたこのお店、八代目の萬助さんが木曽の山栗を菓子にすることを考案されたのが始まり。
材料は山栗と砂糖のみの素朴な物で、このおかげで山栗の風味を存分に、味わう事が出来るのです。ここが普通の栗を使われたり、餡を入れたり、果ては添加物を使用される他店とは一線を画すところです。
ご存知のように山栗は粒が小さく、皮が極めて固く、入手できる量も少ないことから、作業は大変で、生産量も限定されます。すやさんは、今も昔ながらの手作りでやっておられます。
私は機会有るごとに本店にお邪魔する他、贈答に利用させて頂いておりますが、宛先リストをFAXするだけで処理してくださるので助かっております。
栗きんとんは9月から1月、一個226円、六個入り1,468円、10個入り2,408円から個数刻みで50個入り11,880円まで8種類の箱が用意されて居ます。賞味期限が2-4日と極めて短いので注意が必要です。
優しい白い包み紙を解くと、可愛らしい小粒の栗きんとんが顔を覗かせます。手絞りの後がなんとも風情があり、少し残っている粒つぶが儚げで愛おしく感じられます。口に入れると、山栗の香りが広がり、素朴な食感と味わいが口の中一杯に満たされます。
生産量が少ないため、販売は本店の他、国道19号線中津川バイパスの西木店、名古屋の松坂屋直売店しか行われて居りません。

【通販】
すやオンラインショップ
http://www.suya-honke.co.jp/webshop/

スポンサーリンク

岐阜出張のお土産で会社女子に喜ばれるお菓子「ふるーつ大福 」

【特徴】
「ふるーつ大福」は岐阜県川辺町の「養老軒」が製造しているお菓子です。

【価格帯 】
10個入り3,016円(税込)~

【ホームページ】
http://www.yoroken.com/item/105/

【お客様の声】

20年くらい前に同じく会社で買ってきてもらって食べた感動は未だに忘れられませんが、なんとなく今は昔より少し小さくなって、当時はキウイも入っていたような気がしますが気のせいでしょうか?
でもやはり、ひとつの大福で、栗、バナナ、いちご、生クリームが味わえるこの贅沢さは、盆と正月がいっしょに来たみたいで最高です♪何よりこの餅のふわふわ感がたまらないです! 税込259円、和菓子では高く感じますが、ケーキに比べるとこの満足感はお得だと思います♪
夏に美濃白川でキャンプした帰りに寄った時は、フルーツ大福季節外で、まっちゃりや、カプチーノ、巨峰など他の大福も買ったことがありますが、それは冷凍してあり、お店の方が、食べ時を教えてくださるのですが、好きな解凍具合で食べれて、それはそれでおいしかったです♪(私は雪見大福が大好きなので、固めで食べちゃうのが好きです♪)
今はよく物産展などでも販売しているようですが、やはりフルーツ大福はできたてをお店で買って、その日のうちに食べるのがふわっふわで一番おいしい気がします♪

【通販】
養老軒オンラインショップ
http://shop.yoroken.com/index.php?main_page=index&cPath=1

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする