手作り

ライフスタイル

手作り入浴剤「バスボム」を着色したい

通称「食紅」でわかるけど、正式には「食用色素」っていうんですね。 手作り入浴剤「バスボム」の評判が家族にすこぶるよいので、また作ろうとしている。
ヘルス

重曹とクエン酸の手作り入浴剤を試してみた結果、冷え性には効果アリ

今回、身近な材料を使って、身も心も懐も温まる手作り入浴剤を作ってみました。 商品になったものを買うと200グラムが1個で1000円近くするんですね。 毎日使うにはちょっと高いバスボム。 そんなバスボムは安価な材料で簡単に作れるんですね。 作り方はとっても簡単です。 重曹とクエン酸が主な材料です。 自分の好みの色と香りに作ることが出来るので、これは手作りするしかありませんね。
タイトルとURLをコピーしました