栃木県足利市「美人弁天」で有名な厳島神社の美人証明書というお守りについて

栃木県足利市にある本城厳島神社。
御祭神・市杵島姫命の分身である美人弁天は、女性の健康・長寿・美を司るかみさまです。
金色の石像にお参りし、脇にある2体の弁天様に水をかけ、なでて、内面から美しくなれるようにお願いしましょう。
弁天様と美人証明といわれるお守りについてお伝えします。

スポンサーリンク

本城厳島神社の「美人弁天」

朱色の小さな「六角の宮」の中には、金色に輝く弁天様が納められています。

下世話な話ですけど、近所の某会計事務所が奉納したという弁天堂と弁天像もろもろ含めて約2000万円かかったらしい。

毎月第1、第3日曜日のみ扉が開かれるのですが、その日以外は、扉の格子から中を覗き見ることができます。

本城厳島神社の「なで弁天」と「水かけ弁天」

ほかに境内には、なでることで心が癒される「なで弁天」や美人の源でもある清水の湧き水をかけてお参りする「水かけ弁天」があります。

「水かけ弁天」は災難を流してくれるほか安産・子授け・子育てなどのご利益があります。

スポンサーリンク

本城厳島神社のお守り

“美人証明”は、足利市厳島神社で発行される、
「美人」を証明するお守りです。

「美人弁天」にとっての「美人」は、
外見的な美しさではなく、全ての女性が持つ、
「女性の心のやさしさ」を守り、証明するものです。

開扉日は毎月第1・3日曜日となっております。

開扉日以外はカー&サイクルタナカ様(本城2丁目)、
お菓子のロア朝倉総本店様(朝倉町)にて「美人証明書」をいただくことができます。

また、現地まで行けない人は、オンライン社務所 からでも入手できます。

美人弁天の基本情報

【所在地】
栃木県足利市本城2丁目1860

【TEL】
0284-41-1382

【営業時間】
参拝自由
開扉日は毎月第1・3日曜日の10時~16時

【定休日】
なし

【アクセス】
北関東道足利ICから約15分

【駐車場】
無料 10台

【ホームページ】
http://bijinbenten.com/

まとめ

日本でここだけ、美人証明がもらえる神社、ってユニークですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする