群馬県高崎市の榛名神社の御朱印と御神水開運おみくじについて

群馬県に榛名神社は高崎市と沼田市にあるそうですが、今回は高崎の榛名神社の、御朱印の受付時間と授与所、御神水開運おみくじについてリポートします。

スポンサーリンク

榛名神社の御朱印の受付時間は?

入り口にあたる随神門の立て看板によると
拝観時間:(夏期)午前7時~午後6時

時間の数字が入れ替えできるようになっているので
季節により変動するのだろう。
後で調べてみると、冬期は一時間早く閉まるようです。
(冬期)午前7時~午後5時

授与所のそばに貼ってあったお知らせによると、
御朱印の受付時間:午前8時45分~午後4時30分

授与所にて御朱印をお願いすると、
番号が書かれた紙を渡され、
待つこと10分ぐらいで出来あがり呼ばれました。

御朱印の初穂料は300円です。

そもそも御朱印はお参りの後にもらうものです。
時間に余裕をもって参拝し、
待ち時間にお守りの品定めや、
願掛け御神木に願い事を書いたり、
御神水開運おみくじを引いて待っていればあっというまです。

※注意:榛名神社では元旦から6日までの間、御朱印帳の記帳は行いません。

御朱印紙の授与は500円になりました。

榛名神社の御朱印をいただける所は?

御朱印の授与所は、本殿手前の社務所にあります。

一般の神社の社務所は入口近くにあるものですが、
榛名神社は入口にあたる隋神門から本殿まで徒歩約15分と案内されています。

見どころパワースポットがたくさんありますから、
立ち止まって説明を読んだりして歩くと20~30分かかるとみてよいでしょう。

榛名神社の御神水開運おみくじの引き方

御神水開運おみくじは
本殿隣の神楽殿の前にあるので、
本殿でお参りをした後に入手します。

その時点では何も書かれていませんが、
帰り道に浸し場所があって、
そこで御神水におみくじを浸けると
文字が浮かび上がってくるのです。

読み終わったおみくじは廻運灯篭(かいうんとうろう)の
自分の干支の納め口に入れて、
灯篭を回転させるて納めます。
その納めたおみくじは宮司さんが拝んでくれるので
運が廻ってくるそうですよ。

もう一つこの場所には竹筒が置いてあります。

これは、地下に落ちる水の音が聞ける水琴窟(すいきんくつ)です。
この水琴窟は1秒間に落ちる水滴の数が通常の3倍になるように設計されています。
そして、二人が同時に二本の竹筒に耳をあてて聞けるようになっており、
それぞれ異なった音色を楽しむことができます。
その音色はまさに水が奏でる雅楽のようです。
恋人同士で聞けば、榛名神社のご神水の力で
間違いなく縁が結ばれるといういわれがあります。

なおこの水琴窟が利用できるのは通年の3月20日~1月7日までとなっています。
寒いと凍ってしまうからなのか?これをめあてにしている方は注意してください。

スポンサーリンク

榛名神社の基本情報

【所在地】
群馬県高崎市榛名山町849

【TEL】
027-374-9050

【アクセス】
バスをご利用の場合

JR高崎駅西口より、群馬バスで本郷経由榛名湖行きに乗車榛名神社前下車、徒歩15分
帰りのバス(高崎方面):各時間毎に40分発です。 ただし16時台のみ高崎行きは50分発で、18:05分頃高崎駅西口着です。

帰りのバス(伊香保方面):各時間毎に40分発です。神社から榛名湖へは10分ほどで到着します。伊香保へは榛名湖からバスの乗り換えで行くことが出来ます。

【駐車場】
参道脇のお店の無料駐車場がありますので平日は利用可能です。
しかし土日祝日は混雑し参道の渋滞を抜けきれない恐れがありますので、榛名歓迎ゲートタワー(大鳥居)からちょっと歩くことになりますが市営駐車場駐車場がありますので、こちらを利用した方が待たされることが無く確実です。

【ホームページ】
http://www.haruna.or.jp/

まとめ

群馬県、いや日本を代表するパワースポットとして名高い榛名神社の「御朱印」「御神水開運おみくじ」にポイントを絞ってお伝えしました。
まだまだたくさんのご利益については、次回をお待ちください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする