平泉でGWに開催される春の藤原まつり源義経公東下り行列の見どころ

今年のゴールデンウイークの行楽の予定は決まりましたか?
岩手県の平泉町で5月1日~5月5日にかけて開催される「春の藤原まつり」はいかがでしょうか?
桜前線の北上と「春の藤原まつり」のタイミングがぴったり合っているので、ゆっくりぶらぶら花見がてら「源義経公東下り行列」を観覧するのがおススメです。

それでは、「春の藤原まつり」の日程やスケジュール、見どころ、アクセス、について順を追ってご説明します。

スポンサーリンク

春の藤原まつりの概要

主な行事スケジュールは以下の通りです。

【行事】稚児行列
【日時】5月1日10時30分~
【場所】中尊寺本堂から金色堂にかけて

【行事】弁慶の力餅つき
【日時】5月1日11時~
【場所】平泉駅前広場

【行事】源義経公東下り
【日時】5月3日10時~15時20分
【場所】中尊寺~毛越寺

【行事】弁慶力餅競技大会
【日時】5月5日10時~
【場所】平泉駅前広場

源義経公東下り行列の道順と予定時刻

「春の藤原まつり」の中で、5月3日に開催される「源義経公東下り行列」が観光客の人気を集めます。

源義経公東下り行列(みなもとのよしつねこうあずまくだりぎょうれつ)は、義経主従が兄である源頼朝の追討から逃れて平泉に辿り着いた時、藤原秀衡や地元民に歓迎された故事に倣ったもので、総勢約100名の参加者で平安絵巻を再現する。

一行は地元の名士などが務めるが、義経公役は1973年頃から若い俳優・タレントなどの男性芸能人が務めており、東下り行列の知名度が定着して以降は沿道に例年16万人から18万人程の見物客が訪れる。

【行事】藤原秀衡公出迎行列
【日時】5月3日10時出発
【場所】中尊寺坂下
↓↓↓
10時20分ころ:高館義経堂(通過)
↓↓↓
10時50分ころ:平泉駅前(通過)
↓↓↓
11時05分ころ:毛越寺 到着

【行事】義経公ねぎらいの場再現
【日時】5月3日12時40分~
【場所】毛越寺大泉が池

【行事】源義経公東下り行列
【日時】5月3日13時30分~
【場所】毛越寺 出発
↓↓↓
13時50分ころ:平泉駅前(通過)
↓↓↓
14時25分ころ:高館義経堂前(通過)
↓↓↓
14時40分ころ:中尊寺坂下(通過)
↓↓↓
15時20分ころ:中尊寺金色堂 奉拝

2017年の義経役は?

春の藤原祭りでは、この義経役を毎年、旬なタレント・俳優さんなど芸能人が務めることで有名です。
2017年の義経役は横浜 流星(よこはま りゅうせい )さんに決定しました。

スポンサーリンク

プロフィール
小学校6年生のとき、家族と一緒に初めて行った原宿でスカウトされ、スターダストプロモーションに所属する。
特技は極真空手(初段)であり、中学3年生の時に世界大会で優勝、2011第7回国際青少年空手道選手権大会13・14歳男子55kgの部で優勝などの記録を持つ。
中学時代は芸能活動より極真空手を優先しており、そのために事務所加入当初も新人が受けるレッスンにあまり行っていなかったと明かしている。

2018年の義経役は?

2018年の義経役は、NHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」に出演していた磯村勇斗(いそむら はやと)さんに決まりました。
磯村勇斗さんのツイッター
行列の最終地点では義経役の俳優さんがインタビューされるのでそこで待ち構えているといいことがありそうですよ。

過去に東下りの行列中、馬が暴れだし落馬するというハプニングがありました 3分50秒付近

5月3日東下り行列見学のアクセス方法

ゴールデンウイーク中の春の藤原まつりのメインイベントともいえる東下り行列の時は、平泉の町中が大渋滞になります。
車でのアクセスはあまりお勧めできませんが、どうしてもというなら、駐車場の開門時間(だいたい8時30分のところが多い)にあわせないと入場は保障できません。
東下り行列にあわせて行くと絶対に停められません。

お勧めは、電車で行って平泉駅で降りて、駅前でレンタサイクル借りるか、または、ちょっと離れた無料駐車場に車を停めて駅前まで歩いて行ってレンタサイクルを使う方法です。
折角ですから東下り行列を見学するだけではなく、中尊寺や毛越寺にも是非足を運びたいですし、世界遺産に登録された半径1~2km圏内の遺跡群も見るとなると自転車に乗って移動するのがいちばん便利です。

駐車場とレンタサイクルについて詳しいサイトがありますので、下記を参考にして、行楽の計画を練ってみてください。

平泉の駐車場一覧
中尊寺の駐車場一覧
毛越寺の駐車場
平泉のレンタサイクル一覧

まとめ

混雑が予想される行楽地に行くときは下調べは入念に。
今年のゴールデンウイークは世界遺産の平泉で桜と東下りを存分に楽しんでください。

せっかくの機会ですから、「世界遺産登録の平泉(毛越寺・中尊寺)巡りと前沢牛を堪能する旅」 「岩手を代表する絶景スポット猊鼻渓と厳美渓の渓谷美を堪能する旅」  などを参考にして岩手県南の名所&グルメ旅を満喫してください。
奥が深いぞ岩手県。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする