隣人トラブルを避けるには?トラブルを最小限に食い止める心得とは?

新しい生活を始めようと折角引っ越してきたのに、隣人トラブルに巻き込まれてしまった・・・とほほ。
でも、あなたはトラブルの加害者にもなるし被害者にもなりえることを常に意識しておいてください。
その上で、下記に示す隣人トラブルを避ける心得を実践すれば大丈夫です。

スポンサーリンク

円満なご近所関係を築いておく

円満なご近所関係を築けば、トラブルが起きにくくなる効果も期待できます。
例えば、隣から赤ちゃんの泣き声が聞こえてきた場合、
普段から良好な関係を築いていれば、
「うるさい」とは感じず、
「元気な赤ちゃんだな」
「子育てがんばっているな」
と好意的に受け取れるはずです。

ご近所付き合いで大切なのは、お互い様の精神で接することです。
少し不快なことがあったとしても、
相手の事情を察して多少の事は許し合う、
寛容な心を持つことが求められます。

隣人トラブルの原因を知っておくこと

・子供が小さい
・ペットがいる
・楽器を演奏する
・生活時間が不規則
・車やバイクを持っている

これらの要素は隣人トラブルの原因になりやすいので要注意。

また、自分と相手の生活が重なる庭先や境界線腰、壁越し、共有スペースなどにも気を配る必要があります。

スポンサーリンク

小さな配慮の積み重ねが大きなもめ事を防ぐ

小さな子供がいるお宅は、ご近所さんに挨拶する際、
「遊びまわる足音がうるさくないですか?」と、
様子を伺う一言を添えてみてください。

相手が実際に「うるさい」と感じていたとしても、
自分のことを気遣ってくれていると分かれば、心証がかなり変わるものです。

上で挙げたようなトラブルの原因になりやすい要素を持っているお宅は、
特にこうした日ごろの超えかけを積極的に行い、
小さな配慮を積み重ねることが大切です。

ご近所付き合いの土台が築けていれば、
大きなトラブルには発展しにくくなるものです。

トラブルを最小限に食い止める心得5か条

トラブルを最小限に食い止める心得5か条

1.地域やマンションのルールを守ること
2.普段から挨拶をかわし、良好なご近所関係を築いておく
3.何か迷惑をかけそうな時は、事前にひと言断りを入れておく
4.同じ地域に住ませてもらっているという謙虚な気持ちを持つこと
5.何か注意するときは、苦情ではなくお願いする形で伝えること

以上を気を付けておけばトラブルになったとしても、
最小限に食い止めることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする