子供のお祝いを贈る際のマナーについて

子供のお祝い行事は、初節句、七五三、入園・入学、成人、就職・・といろいろありますね。
親戚や親しい間柄のには、年を数えて、お祝いを贈ることになるかと思います。
その際の、贈る側で気を付けておくこと、いただいた側のお礼状の例をあげておきますので、参考にしてください。

スポンサーリンク

親類や親しい間柄の人だけで祝うもの

子供の成長の節目に行うお祝い事は、
出産祝いとは異なり、
基本的に親類や、ごく親しい友人等で行うものです。

日本に昔から伝わる行事である初節句、七五三等の際には、
家族や祖父母が集まってお祝いをする家庭も多いようです。

お祝いをいただいた場合、
「祝い膳」に招待するのがお返しの代わりになります。

友人や知人は、
「おめでとう」のメッセージを送るだけで充分です。

子供が無事に成長したことを祝い、みんなで温かく見守りましょう。

初節句のお祝い

五月人形や雛人形は、
昔から母方の実家から送る習慣がありましたが、
最近は両家で話し合って送るところも多いようです。

その他の人は、
お祝い金、もしくはおもちゃなどを送りましょう。

七五三のお祝い

以前は数え年で行いましたが、
最近は満年齢で、
女の子は3歳、7歳、
男の子は5歳の時に行います(地域によって異なる場合もあり)。

入園や入学を控えている子供もいるので、
幼稚園や学校で役立つものを送ると喜ばれます。

入園・入学祝い

子供が家庭から社会へと第一歩を踏み出すのを、
祖父母や親類などで祝います。

文具や図鑑など、勉強に役立つ品や、
本や文具を買うための
金券を送るのも良いでしょう。

スポンサーリンク

成人のお祝い

式典で身に付けるものは1ヵ月前まで、
それ以外は成人式の前に着くように送ります。

大人の仲間入りを祝い、
女性にはハンドバックやアクセサリーなど、
男性には腕時計、財布などが喜ばれます。

就職祝い

卒業と就職が続いている分場合には、
「卒業祝」より「就職祝い」を優先しましょう。

腕時計やネクタイ、名刺入れ、ビジネスバック、化粧品、印鑑など
社会人としての生活に役立つものが良いでしょう。

入学祝いをいただいたお礼状の例

心遣いに対する感謝の気持ちを表しましょう。
中学生以上なら、子供本人にも礼状を書かせます。

拝啓  春暖のみぎり、皆様にはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。
このたびは息子慶太の小学校入学にあたりまして、温かい心遣いを頂戴し、誠に有り難うございました。本や文具を購入する際に、大切に使わせていただきたいと思っております。
今年はぜひ、帰省の際にそちらにも寄らせていただき、新1年生になった慶太の顔見ていただきたいと思います。
今後とも成長を見守っていただけますよう、お願いいたします。
まずは書中にて御礼申し上げます。  敬具

まとめ

こどもの健やかな成長と幸せを願い、節目にはお祝いを贈りましょう。
気持ちが伝わればいいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする