秋田の守護神・太平山三吉神社の冬は三吉梵天祭へ、夏は奥宮へ

太平山三吉神社(たいへいざんみよしじんじゃ)の御祭神は三柱あります。
そのうちのひとつ三吉霊神は、弱気を助け邪悪なものをくじく秋田生まれの神様です。
三吉信仰と霊峰の大平山信仰があいまって、ここ太平山三吉神社は事業繁栄の守護神として秋田のみならず広く崇敬されてきました。
それでは太平山三吉神社のパワースポットでもある「奥宮」と、冬に行われる「三吉梵天祭」について詳しくご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

太平山三吉神社の三吉梵天祭

1月17日に行われる、
五穀豊穣や産業発展を願い梵天という依代を各団体が奉納する祭りです。
その数は約80本で、梵天唄を響き渡らせながら徒党を組んでおしよます。
梵天は男子のシンボルを意味しているとの言い伝えがあります。
奉納祭りのときは鳥居を一番手で潜り抜けると御利益があるということで、
先陣争いは喧嘩さながらの熱気に満ちた奉納となります。
ぼんでんが勢いよく本殿に入っていくのは迫力があって見応えがあり、
その力強さから「けんか梵天」とも呼ばれています。
勇壮で熱気に満ちた三吉梵天祭で、
梵天についた三角守りを見事入手できれば、
仕事運が一層アップすることでしょう。

太平山三吉神社の奥宮

古くから薬師の峰・修験の山として信仰を集めてきた
標高1170mの大平山に奥宮は鎮座しています。


山頂には参拝者や登山者の為の山小屋があり宿泊も可能になっています。
あのサッカー選手の中田英寿さんも泊まったことがある人気のスポットです。

6月から9月にかけては、神職が籠って祭典や祈祷をおこなっています。

峻厳な山の頂に建つお社としては全国的にも珍しく、
ご社殿の中に参拝者の皆さまもお入り頂いて祈祷奉仕を行なっています。
奥宮で各種祈祷をご希望の方は、
里宮で予約が必要です。

奥宮に併設される参籠所(山小屋)は、
参拝者の休憩・宿泊のほか、一般の登山者の無料休憩所としても使われています。
宿泊は大人4000円、中高生2500円、小学生2000円となっており、
休憩は無料です。

スポンサーリンク

太平山三吉神社の里宮

里宮では、年間を通して各種祈願祭やお札・お守りの授与、
出張祭奉仕などを行なっています。

大平山はかつて女人禁制で、
冬期間(11月~5月)は雪に覆われて登拝できなかったため、
年間を通して老若男女が参拝できるようにと建立されたのが里宮です。

境内には霊峰を東に仰ぐ遥拝所があります。

太平山三吉神社の基本情報

【所在地】
秋田県秋田市広面字赤沼3の2

【TEL】
018-834-3443

【営業時間】
参拝自由
社務所は8時30分~17時

【定休日】
なし

【アクセス】
秋田自動車道秋田中央I・Cより約8分

【駐車場】
無料 200台

【ホームページ】
http://www.miyoshi.or.jp/index.html

まとめ

夏は奥宮へ参拝し、冬は三吉梵天祭を見に来たいですね。

スポンサーリンク