花巻まつりの見どころ・楽しみ方・宿泊先情報・お土産は?

花巻まつり

岩手の秋祭りは、「花巻まつり」から始まります。
毎年9月の第2金・土・日曜日の3日間繰り広げられ、県外に出た花巻っ子は、お盆でなく花巻まつりに帰ってくる、といわれるほど、地元密着の熱いまつりです。
こちらでは、花巻まつりの見どころや楽しみ方について、宿泊先案内やお土産情報について、お伝えしていきます。

スポンサーリンク

花巻まつりの見どころ

戦国時代に始まった花巻まつりは、400年以上の歴史があります。
祭りの呼び物は、各町内が競って繰り出す華やかな山車(だし)。
岩山の上部に桜の花をつけ、周囲をたくさんの人形で囲みます。そばで見ている人に、今にも飾りが崩れ落ちそうに感じさせるものが、優れた山車だとされています。ほかにも100基以上の神輿のパレードや岩手県を代表する郷土芸能の鹿踊り(ししおどり)などが繰り広げられます。

高さ13mの屋形山車を復元

明治時代には、背の高い「屋形山車(やかただし)」が主流でした。それが現在のような低く優雅な山車にかわったのは、大正時代に電線が増えてからです。
1992年(平成4年)に明治時代の高さ13mの山車が復元されました。二層の屋根を持ち、上の屋根は城の天守閣を模しています。

花巻まつりでギネス記録

2015年の花巻まつりで、参加した神輿の数がギネス世界記録に認定されました。
その記録とは
「1か所で100基以上のみこしを5分以上披露する」
という新たに設けられた項目で、114基のみこしが会場に集結し、その長さ600メートルにも達しました。
お神輿は、市民総参加のお祭りのシンボルであり、神輿に関する世界一の称号を得たことは、花巻市民にとって非常に意義深いものとなりました。

花巻まつりの楽しみ方

例年約10万人の方が訪れる 花巻まつり。
お祭りの楽しみ方はひとそれぞれですが、はじめて訪れる人向けに、花巻まつりを楽しむ方法をご紹介します。

1)祭り会場へ着いたら、本部を訪れ、祭りに関する情報が満載の花巻まつりのプログラム(無料)を美優酒してください。
解説書&うちわセット(税込300円)も買っておいて損はないでしょう。(本部で販売しています)
解説書には各地区の風流についての詳細が記載されていて、山車について深く知りたい方や祭りの記念にしたいという方にオススメです。

2)祭りのメインストリート 上町通り(マルカンデパートのある通り)で山車の風流と見返しを観て、風流のストーリーや見返しの制作過程を想像します。
山車観覧は、右斜め前方から観覧するのが良いですよ。

3)駐車場・トイレの場所等をチェックしておく
分かりやすい駐車場は北上川河川敷(おまつり広場まで、徒歩5~10分程度。
雨天時は使用をご遠慮いただく場合あり)がありますが、交通規制のため市内は混雑が予想されます。

まつりの基本情報

【開催場所】
岩手県花巻市内

【開催期間】
毎年9月の第2金・土・日曜日
平成29年9月8日(金)~9月10日(日)

9月8日(金) 15:30~21:00
9月9日(土) 15:00~21:00
9月10日(日) 15:00~21:00

【アクセス】
車の場合:東北自動車道 花巻南ICから約10分
まつり期間中は、会場周辺で交通規制あり。

【駐車場】
臨時駐車場(無料):
北上川河川敷 800台、
セブンイレブン花巻城内店裏手 100台、
材木町北東金属グラウンド 300台、
花巻市文化会館 250台、
スイミングスクール・サンフィッシュ・イトー向かい 100台

【ホームページ】
http://www.kanko-hanamaki.ne.jp/event/event_detail.php?id=48

花巻まつりを見た後の宿泊情報

花巻といえば、全国的に花巻温泉が有名ですね。
花巻温泉郷まで市内から車で20分たらずで着きますから、花巻まつり見学の後は温泉に浸かって癒されてください。
おススメのお宿を3つご紹介しますね。

・日本一深い自噴岩風呂【新日本百名湯】情緒溢れる湯宿・鉛温泉 藤三旅館

・心に残るおもてなしの宿・花巻ICよりわずか5分の別世界。花巻温泉 佳松園

・渓流に面した大浴場と露天風呂で温泉満喫・志戸平温泉 湯の杜 ホテル志戸平

スポンサーリンク

花巻まつりのお土産情報

いわて花巻空港にほど近い国道4号線沿いに建つ、ひときわ目立つ建物があります。
広さ2,000m2の観光物産館を兼ねた和風レストラン「金婚亭」です。
こちらのレストランでは花巻名物“わんこそば”が提供されており、おいしい漬物も食べ放題です!
物産展では、岩手の銘産品コーナーにお土産がずらりとそろっています。
変わりダネでは、漬物日本一受賞商品と濃厚な奥中山高原のコラボレーションである“漬物ソフト”、お土産には岩手県の食品賞2冠を獲得した“青なんばんみそっこ胡瓜”が人気のようですよ。
金婚漬も忘れずにね。

住所:岩手県花巻市西宮野目11-88

電話番号:0198262250
営業時間:9:00~18:00
公式サイト: 金婚亭

まとめ

花や人形を飾った華やかな山車がねり歩く花巻まつり。
どうぞ、お楽しみください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする