秋田県五城目町の「五城目朝市」の朝市プラスとは?駐車場は?

秋田県には520年以上の歴史を持つ暮らしに密着した「五城目朝市」があります。
2016年から開催された「五城目朝市plus+(プラス)」とはどんな市なのでしょうか?
車で行くとしたら無料駐車場はあるのかしら?
といった疑問にお答えします。

スポンサーリンク

五城目朝市プラスとは?

500年以上続く歴史のある朝市ですが、
近年のスーパーマーケットやコンビニなどの進出により、
こちらの朝市も例外なくすたれはじめてきました。

出店者や利用者は高齢化が進んできたのも一因です。

このような高齢化が進む朝市をもっと盛り上げよう、
伝統的で歴史的な文化を守りながらも、
若手の出店や新たなチャレンジを応援しようという企画です。

2016年から始まって、
五城目朝市の開催日と重なる日曜日を
「ごじょうめ朝市plus+」の日としています。

View this post on Instagram

柴田 真久さん(@kumao0709)がシェアした投稿

略して「朝ぷら」、
今では手作りアクセサリーや焼き菓子などをお試し出店する若者や、
新商品を販売するチャレンジャー、
子どもを対象にした工作教室や、
子ども達自ら出店者として挑戦する取り組みなど
多種多様なお店が集まり、
朝ぷら開催日には約3,000人が来場されるまでになりました。

訪れるだけでも楽しめる朝市ですが、
趣味で小物やお菓子をつくったり、
自家栽培をしている方は、
実際に出店して参加してみることができます。

町民であれば110円、町外の人でも210円から出店できるそうです。

出店業種は一般マナーに反していなければOK。
手作りアクセサリーの販売や、手相占い、似顔絵描きなどの特技でも出店できます。

出店希望・お問合せは、五城目町役場商工振興課 018-852-5222 まで。

五城目朝市わくわく盛り上げ隊!

通常の五城目朝市とは?

それでは五城目朝市とは、そもそもどのような市だったのでしょう。

五城目朝市は1495年に開かれた市で、毎月2・5・7・0の付く日(例:2日、5日、7日、10日、12日…)に行われる十二斎市です。

約200メートルの通りに多い時で50軒程の店が立ち並びます。

雪国では冬期は寒いのでやらないところが多いですが、五城目朝市は年中開催されていて冬も開いています!

山菜や野菜などの食材をはじめ日用品などの生活に密着した商品の品ぞろえとなっています。

おススメの訪問時期は、春の山菜の時期にあたる4~5月と、きのこの季節の10月頃です。
出店者の方々が自分で山に行って採ってきた、春はワラビやゼンマイ、タケノコはもちろんのこと、タラの芽やコゴミ、ホンナ、アザミ、サシボ等々、驚くほど多くの種類の山菜が店頭に並びます。

秋には他では見られない豊富な種類と量のキノコが並びます。

冬は大根や人参、ゴボウ、ネギなどの野菜が店頭に並び、通年で鮮魚や乾物、佃煮などを売るお店もあります。

朝市の開設時間は、午前8時から正午までとなっていますが、品物が売り切れ次第、お店はどんどん閉まっていきますので、午前9~10時頃には朝市会場に着いていた方がいいです。

View this post on Instagram

ごじょうめ朝市わくわく盛り上げ隊さん(@5wakuwaku)がシェアした投稿

年3回の朝市まつりとは?

・5月中旬開催の「山菜まつり」
・10月中旬開催の「きのこまつり」
・2月中旬開催の「あったか鍋まつり」

各まつり日には、その時期ごとに山菜汁、なめこ汁、きのこ汁などの販売コーナー(いずれも1杯100円)ができます。

食材のことを熟知したお母さん達が作った汁物は、本当に美味しいのひと言につきます。
五城目町の郷土料理の「だまこ鍋」も人気のコーナーです。

だまこ鍋とは、鶏がらや昆布、鰹節などが入った出し汁にご飯をすり潰して丸めた「だまこもち」に野菜やきのこ、鶏肉を加えた鍋です。

地元のお母さん達が作るだまこ鍋は1杯400円。1杯にだまこもちが5~6個入っていて、ボリューム満点!絶妙な味わいの出し汁は、最後の一滴まで飲み干したくなります。
心も体も温かくなるだまこ鍋、ぜひご賞味あれ。

【2019年4月29日追記】
ここで食べる「だまこ鍋」がもちろん安くてうまいのですが、もし食べ損ねたら、「道の駅五城目」で一年中やっています。

五城目朝市の近くに無料駐車場はあるの?

引用:グーグルマップ

五城目朝市用に大駐車場が完備されていますので、お車でのアクセスが便利です。

朝市通りの始まりの位置にある「ふれあい館」まで
200m 徒歩2分のところにあります。

グーグルマップには「五城目朝市駐車場」として登録されていないので、
ピンポイントで表示されませんが、
県道285号線の道路向かいに
「ジョイカル五城目店 一鳩自動車整備工場」様がありますので、
そちらの住所を入力すれば駐車場まで導いてくれることでしょう。

「ジョイカル五城目店 一鳩自動車整備工場」の住所は

秋田県南秋田郡石田六ケ村堰添 五城目町字石田六ヶ村堰添88-1

です。

年3回の朝市まつりの時には特に人出が多くなり上記の専用駐車場に停められない場合があります。
そんな時はちょっと多く歩きますが、「もりやまこども園」や「五城目小学校」下の駐車場へ停めれるようです。

スポンサーリンク

五城目朝市ふれあい館とは?

朝市ふれあい館は、五城目朝市と隣接する交流・観光施設です。
町がこれほど朝市に力を入れているということですね。

朝市でお買い物した後の休憩所として、ご利用ください。

【開館時間】
8時00分~17時00分

【休館日】
朝市開催日以外の月曜日

【所在地】
〒018-1706 秋田県南秋田郡五城目町下タ町182

まとめ

青森には八戸市の館鼻岸壁朝市という、日本最大級の朝市があり、館鼻の朝市がスケールのでかさをアピールしているのに対し、この五城目朝市はアットホームな暖かさでじんわりと来る感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする