八戸市の館鼻岸壁朝市で人気のおすすめ商品は?マップはあるの?

3月から12月の毎週日曜に、日の出から午前九時まで開催される青森県八戸市の館鼻岸壁朝市。
300店舗に毎週1万人以上の来場者数をほこる日本最大規模の朝市です。
今回はマスコミでも紹介され評判の、おすすめの特産品、人気商品をご紹介します。
巨大朝市で迷子にならないためにも、あらかじめマップを見て下準備をして訪問した方がよさそうですね。

スポンサーリンク

館鼻岸壁朝市のおすすめは?

全長約800mに、約300店以上がひしめき合うように出店している館鼻岸壁朝市。

本来の野菜・魚介は安くて新鮮なことはもちろんのこと、
B級グルメ的な出店も多くどれもこれも目移りしそうです。

時間も、お腹の容量にも限りがありますからね。

そこで、今までマスコミなどにも取り上げられて、
人気のおススメ商品をご紹介しますね。

この中のどれか一つでもゲットできたら
館鼻岸壁朝市に行ってきたんだよと自慢できますから。

串わ・サバコロ青年隊の「八戸サバコロ」

朝市発、八戸の代表食材が全国に。
サバをご飯と混ぜたライスコロッケで、
中にはチーズと大葉が入っています。

約1時間で売り切れてしまうほど人気なので、
早起きして是非食べていただきたい。

2018年マップの位置:【緑の通り】

大安食堂の「しおてば」

「塩手羽」(ハーフ)40円は定番人気で、
大きいサイズでも70円、
早めに行かないと売り切れてしまうこともあります。

歩いていても食べやすいので食べ歩きするには最適なメニューの一つです。

2018年マップの位置:【赤の通り】

かつら工房の「焼き魚」

朝市の出店歴30年以上の老舗。

軽トラの囲炉裏で炭火焼の魚などを販売するスタイル。

この囲炉裏は店主が考え出したもので、
木炭部分の周りがターンテーブルのように回るしくみになっている。

回しながら魚の焼き加減を見たり、
焼いている魚をお客さんに見せたりすることができる。

2018年マップの位置:【赤の通り】

View this post on Instagram

田岡茂一さん(@ryonantaoka)がシェアした投稿

なかむら製菓の「黒にんにくコーヒーようかん」

「香彩珈琲 みな実」「なかむら製菓」「ニンニク屋」の朝市のご近所づきあいから生まれたコラボ商品。

刻みニンニクの風味とコーヒーフレーバーが不思議とマッチし、朝市でも指折りの名物。

引用元:まるごと青森 

2018年マップの位置:【赤の通り】

十和田焼き小籠包の「小籠包」

シャモロックという鶏肉が詰め込まれて
噛むとスープがじゅわっと口の中に広がる、
たっぷりかかった黒ゴマと
青ネギのトッピングが特徴の
行列のできる小籠包屋。

2018年マップの位置:【青の通り】

View this post on Instagram

イチゴ♪さん(@ichigodorops15)がシェアした投稿

赤いテントのコーヒー店の「幼虫グミ」

リアリティーあふれるようちゅうぐみ。
ブトムシの幼虫の場合、
白い部分はカルピス味、
内臓部分はブルーベリー味のグミで表現しているとのこと。

他にも希少な昆虫をモチーフにした数量限定の商品もあります。

人にあげて驚く顔をみるのもあり?お土産として人気があるようです。

2018年マップの位置:【緑の通り】

金メダルの「うに飯」

ウニのうまみが凝縮された炊き込みご飯は香りも甘味も絶品!
お手頃価格で提供されています。

2018年マップの位置:【緑・オレンジ通り】

View this post on Instagram

@moeciiiがシェアした投稿

手造りとうふの里の「田楽」

串に刺された豆腐はとってもホクホクで美味しいです。

たっぷりのお味噌がついており、
焼いてあるので香ばしくいい匂いがします。

匂いだけでも食欲をそそられる朝ごはんの一つです。

2018年マップの位置:【紫の通り】

View this post on Instagram

○△□さん(@walk.and.eat)がシェアした投稿

なべ屋の「せんべい汁」

馬鍋、すいとん、青森の郷土料理、せんべい汁を大鍋で作っています。

一押しは、
野菜やキノコでダシをとったあっさりスープが自慢のせんべい汁。

View this post on Instagram

Tomoyo Kさん(@mametomo.teddy)がシェアした投稿

アンジェリーナ・加藤パンの「パン」

パン屋さんが何件か出店しています。
なかでも、アンジェリーナさんの「ハニートースト」、
加藤パンさんの「パン耳」が有名です。

もともと移動式だったパン屋「アンジェリーナ」さんは、朝市で人気が出たことをきっかけに実店舗を開業し、今では八戸の人気店として地元住民に親しまれています。

2018年マップの位置
アンジェリーナ:【赤の通り】
加藤パン:【黄色の通り】

一山製麺の「焼きそば」

もちもち麺にあっさりソース味の焼きそばが詰め放題で350円。

どんだけ入れても輪ゴムでとめて蓋がしまればOK

2018年マップの位置:【青の通り】

非公認キャラクター「イカドン」

運が良ければ、非公認キャラクター「イカドン」にも会えるかも。

朝市の中をお散歩しているので、
ひと声かければ記念写真も気さくに撮ってもらえますよ!

View this post on Instagram

夢はここから生放送 ハッピィさん(@happy0935)がシェアした投稿

スポンサーリンク

館鼻岸壁朝市のマップを入手するには?

総延長800mの中に300店舗がひしめき合う巨大朝市。
行き当たりばったり隅から見始めたら多分全部を見て回ることは不可能でしょう。

朝市で役立つのが「館鼻岸壁朝市マップ」。

View this post on Instagram

aaaaatan03さん(@aaaaatan03)がシェアした投稿

トイレの場所や、人気のお店の位置が一目でわかってとても便利ですよ。

現地で買うなら、「朝市通販みやげ屋」か朝市会事務所で100円で購入できます。

↓このpdfファイルをダウンロードしてみることもできます。
http://minatonichiyouasaichikai.com/wp-content/uploads/2018/10/map.pdf

館鼻岸壁朝市の基本情報

【所在地】
青森県八戸市新湊 館鼻岸壁

【TEL】
080-5734-3251(湊日曜朝市会事務局)

【営業時間】
3月から12月の毎週日曜
日の出から午前九時まで
売り切れ次第店じまい

【アクセス】
自動車:八戸自動車道八戸ICから20分

鉄道:JR八戸線陸奥湊駅から徒歩10分

バス:日曜朝市循環バスいさば号「館鼻漁港前」下車

【駐車場】
500台

【ホームページ】
http://minatonichiyouasaichikai.com/

まとめ

たくさんの、目玉商品がある館鼻岸壁朝市に行ってみたくなりましたね。

それなら、あらかじめ計画を練ってからにしたほうがよさそうです。

地元民なら必要ないかもしれませんが、
遠くから観光目的で行かれるのでしたら、
観光客向けの青森県八戸市にある館鼻岸壁朝市へのアクセス方法とは?
がとても参考になりそうです。
合わせてお読みください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする