手土産に喜ばれる雑誌ブルータスで紹介されお取り寄せできる焼豚・煮豚7選

雑誌BRUTUSの手土産グランプリにノミネートされた「焼豚・煮豚」部門の中で、お取り寄せができる商品をピックアップしてみました。
まずは自分の分をお取り寄せしてみて、満足のいくものだったら大切な人への手土産として再購入してみたらいかがでしょうか。

スポンサーリンク

肉のいまむら 「いまむらの焼豚(肩ロース)」

1874年創業、50年ものの絶品秘伝タレで漬け込んでいます。

【お値段】
¥2,600 (300g)
送料は北海道・沖縄・離島をのぞき一律¥900

・肉質が柔らかくてきめ細かく、脂ノリの良さが特徴の「ふくいポーク」を使用。

・50年以上変わらない秘伝のタレに24時間以上漬けることで肉全体に味が浸透。

・肩ロースとモモがあり、ワサビとも会う。

・西武福井店でも数量限定で販売。

引用元:BRUTUS 2017年12月15日号

【住所】
福井県福井市西木田1-17-1

【TEL】
0776-35-3350

【営業時間】
8時~18時

【定休日】
水曜・日曜・祝日

【ホームページ】
http://www.47club.jp/26M-000091qla

さつまっこ 「昔ながらの手づくりチャーシュー(肩ロース)」

旨味が凝縮された軟らか自慢のチャーシュー

【お値段】
¥2,000~ (グラム売り、約600g、特製タレ付き)

・特製スープでじっくり炊き込み、秘伝のタレに漬け込んだ一品。

・出来立てチャーシューをその場で真空包装し、販売。

メールかFAXで注文可能。

・田園調布で40年続く、行列のできる老舗ラーメン店。平和島店、大森山王店でも販売。

引用元:BRUTUS 2017年12月15日号

【田園調布店 住所】
東京都大田区田園調布2-15-2

【田園調布店 TEL】
03-3722-3686

【田園調布店 FAX】
03-3775-0404

【営業時間】
10時30分~翌4時30分

【定休日】
無休

【メールアドレス】
satumakko@gmail.com

たんば産ポーク 「養豚農家板野さんちのこだわり焼豚(うで)」

兵庫県丹波市唯一の養豚農家が作る絶品焼豚

【お値段】
¥850 (約200g、部位やグラムによって異なる)

・65年以上続く養豚農家が、たんば産ポークの魅力を伝えるために手作り焼豚を販売。

・肩ロース、ロース、バラ、もも、うでの各部位を味わえるのは養豚農家ならでは。

・数に限りがあり、不定期で販売している。うでは脂身が少なく癖になる味。

引用元:BRUTUS 2017年12月15日号

【住所】
兵庫県丹波市山南町北和田1064

【TEL】
0795-76-0651

【営業時間】
13時~17時

【定休日】
不定休

【ホームページ】
http://www.yakibuta-itano.com/

スポンサーリンク

三代目肉工房松本秋義 「まっしろ煮豚(バラ)」

純白でシンプル、素材の味が生きています。

【お値段】
¥1,500 (1本400~500g)

・材料は良質の豚バラ肉と塩のみ。塩が脂の甘味を引き立て、とろとろで軟らか。

・肉の軟らかさを引き出し、味を中まで染み込ませるために、釜を使ってじっくり煮る。

・湯煎してワサビやポン酢で食べても良し。

・楽天、Yahoo!、Amazonでも販売

引用元:BRUTUS 2017年12月15日号

【AKOMEYA TOKYO銀座本店 住所】
東京都中央区銀座2-2-6

【TEL】
03-6758-0270

【営業時間】
11時~20時
(金・土・祝前日~21時)

【定休日】
無休(元日を除く)

【ホームページ】
http://nikukoubou.jp/

一楽 「炭火焼きチャーシュー(肩ロース)」

軟らかくて香ばしく、もっちり食感。

【お値段】
¥1,404 (250g)

・1927年創業。横浜大空襲を乗り越え、終戦後に再開した横浜中華街の老舗。

・肉質の軟らかな国産の生肩ロースを香辛料に漬け込み、毎朝炭火で焼く。

・幅広い人に食べてもらいたいという思いから、八角などの香辛料はあえて控えめに。

引用元:BRUTUS 2017年12月15日号

【住所】
神奈川県横浜市中区山下町150

【TEL】
045-662-6396

【営業時間】
11時30分~21時30分

【定休日】
不定休

【ホームページ】
http://ichi-raku.jp/shopping

ラーメン一番 「特製チャーシュー(リブロース)」

インパクト大! 1.5kgの特大チャーシュー。

【お値段】
¥3,800 (1本 1.5kg)

予約なしでも購入できますが、予約して取り置きもしてもらえます。

・客に「売ってほしい」と言われ、販売開始。

・30年継ぎ足したタレで4時間以上弱火で煮込む。肉の味を堪能できるように、あえて薄味に仕上げている。

・ロースとリブロースの2種。巨大な1.5kgのほかに半切り(750g)も用意。

引用元:BRUTUS 2017年12月15日号

【住所】
東京都練馬区小竹町2-74-8

【TEL】
03-3974-6065

【営業時間】
18時30分~翌3時

【定休日】
日曜・祝日・夏季・年末年始

【ホームページ】
https://r1ban.com/

焼豚屋本舗 「焼豚ブロック赤(肩ロース)

熟成豚肉と独自の製法で旨味倍増

【お値段】
¥2,200 (1本450g)

・産地のこだわらず、その都度厳選した国産の肩ロースを熟成させて作る。

・脂身少なめで肉の旨味重視の「赤」と適度な脂身入りでジューシーな「白」の2種。

・肉の旨味を引き出す秘密は、独自の製法とオリジナルブレンドの醤油ベースのタレ。

引用元:BRUTUS 2017年12月15日号

【住所】
石川県小松市矢崎町丙15-1

【TEL】
0761-41-5522

【営業時間】
9時~17時

【定休日】
日曜・夏季・年始休

【ホームページ】
http://yakibutaya.com/

まとめ

雑誌BRUTUSの手みやげグランプリにノミネートされた「焼豚・煮豚」が、通販で入手できるのは嬉しいです。
この中にお気に入りの焼豚・チャーシューがあるはずです。
お近くの方は、もちろんお店に行って購入することもできます。
なお、お取り寄せはできませんが、グランプリ・準グランプリに輝いたのは「焼豚・煮豚の手土産ランキング特集(雑誌ブルータス)のベスト3は?」です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする