山形県でいちご食べ放題を楽しめるおススメいちご狩り農園のご紹介

山形県は、サクランボで有名ですが、いちご栽培も昔から盛んにおこなわれていました。
なぜなら、山形県には日本三大砂丘のひとつの庄内砂丘があり、いちご栽培の気候に恵まれていたからです。
戦前から露地栽培が盛んで、昭和40年代からはその多くがハウス栽培に移行して今日に至るまで続いています。
今回はその中でも、いちごの食べ放題をしている農園をご紹介します。
行楽のメニューに入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

寒河江市観光いちご園「いちごガーデン」

【特色】
道の駅チェリーランド内にあるさくらんぼ会館にてご案内しています。
ハウス3棟で2500平米という広さのいちご畑は壮観です。
高設栽培のため、立ったまま楽に狩ることができる。
土を使っていないので、服も汚れず、小さなお子さんが一緒でも安心して観光が出来ます。
いちご以外にさくらんぼ、ブルーベリー、ぶどう、桃などの果物狩りが楽しめます。

【料金】
『いちご狩り食べ放題30分』
開園~3月31日:大人1600円、小学生1300円、幼児(3歳以上)900円。
4月1日~5月7日:大人1500円、小学生1200円、幼児(3歳以上)800円。
5月8日~終了:大人1300円、小学生1000円、幼児(3歳以上)600円。

【品種】
とちおとめ、もういっこ、おいCベリー

【営業期間】
1月下旬~5月下旬(予定)

【営業時間】
10~15時

【定休日】
月曜(祝日の場合翌日休園)

【住所】
山形県寒河江市八鍬東1434-1

スポンサーリンク

【電話】
0237-86-1811

【予約】
さくらんぼ会館(TEL 0237-86-1811)へ電話予約をお願いいたします。
当日はまっすぐ農園へ!料金のお支払も農園で行っていただきます。

【駐車場】有 10台

【ホームページ】
http://www.ic-net.or.jp/home/jasagae/jigyou/kaikan/jig_kaikan.html

【備考】
・摘み取りが楽な高設栽培。
・練乳などの持込OK

寒河江市観光いちご園「ストロベリーファーム」

【特色】
気性や保水性に優れたロックウールに根付かせる方法で栽培(水耕栽培)。
土を使っていないので、服も汚れず、小さなお子さんが一緒でも安心して観光が出来ます。
高設栽培のため、立ったまま楽な姿勢でいちご狩りを楽しむことができます。

【料金】
『いちご狩り食べ放題30分』
開園~3月31日:大人1600円、小学生1300円、幼児(3歳以上)900円。
4月1日~5月7日:大人1500円、小学生1200円、幼児(3歳以上)800円。
5月8日~終了:大人1300円、小学生1000円、幼児(3歳以上)600円。

【品種】
とちおとめ、やよい姫

【営業期間】
1月中旬~6月中旬

【営業時間】
10時~15時

【定休日】
月曜(祝日の場合翌日休園)

【住所】
山形県寒河江市高屋台下1404-1

【電話】
0237-86-1811

【予約】
さくらんぼ会館(TEL 0237-86-1811)へ電話予約をお願いいたします。
当日はまっすぐ農園へ!料金のお支払も農園で行っていただきます。

【駐車場】有 15台

【ホームページ】
http://www.ic-net.or.jp/home/jasagae/jigyou/kaikan/jig_kaikan.html

【備考】
・摘み取りが楽な高設栽培。
・練乳などの持込OK

スポンサーリンク