岩手県紫波町「道の駅紫波」の人気メニューと車中泊・日帰り温泉情報

ここ「道の駅紫波」は岩手県内有数の果実生産地帯の中にあります。
「産直センターあかさわ」には、リンゴ・ブドウ・イチゴ・サクランボ・モモ・ラフランスなどを中心として並んでおり、紫波ワインの試飲もできます。
「レストラン果里ん亭」でも地元食材を使ったメニューが揃っています。
今回は、お立ち寄りの際におススメの人気メニューと、ひそかな人気スポットとなっている車中泊情報、最寄りの日帰り温泉情報についてお伝えします。

スポンサーリンク

「道の駅紫波」のレストランの人気メニューと口コミ

■紫波ベーコンもっち〜

■ひっつみ

【産直とレストランの口コミ】

盛岡から第1休憩場所として最適

盛岡から遠野方面に396号線を行く際、ちょうどトイレ休憩場所として使えます。ここのレストラン「かりん亭」は、メニューが豊富で、結構早く出てくるので助かります。漬物はセルフで食べ放題です。あまり食べられませんが。売店でも売っているので、試しに食べてみるのもいいかも。メニューでお勧めなのは、もちーずハムカツ。もともと、もっちりハムカツというハムカツのなかに餅が入っていて、それこそ餅っとした感触でおいしいのですが、それにチーズを入れてバージョンアップしたものが、もちーずハムカツ。定食も結構ボリュームがあるので、私は麺類にもちーずハムカツを付けて食べることが多いです。単品だけでも、お勧めです。

—————-

とにかく安い

波ふるさとセンターからしばらく行くと道の駅 紫波があります。
行く時にもトイレ休憩して、その時にぶどうがめちゃ安いので帰りに
寄って重たいけど買いました。
5房の少ないキャンベルで250円でした。
道の駅 紫波の葡萄。
箱を何個も纏めて買っている人もいました。

引用元:トリップアドバイザー

地元で生産されたものだけを販売するという道の駅「紫波」です。ぶどうやりんごなど、季節によって収穫されるフルーツは、子供たちに大人気です。産直センターには、とれたての野菜や特産品が並び、子供たちの食育にもおすすめです。
道の駅の近くに、日帰り入浴施設やワイナリーがあるのもママにはうれしいポイント。地元の特産品を買い物しながら、子供たちと一緒に日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょう。

—————-

紫波町の粉を使用した紫波ひっつみ定食や、リンゴソフトクリームが人気。

—————-

フルーツの道の駅。ブドウソフトクリームがあるが、ブドウの味が強いので、バニラとのミックスがお勧め

—————-

ドライバーで無ければ、紫波ワインの試飲が出来ます。

—————–

道の駅の食道としては店内広め。県民SHOWだかで取り上げられた、餅をハムで挟んだカツも案外イケる。ただし、熱々に限る!

引用元:グーグルマップ

「道の駅紫波」での車中泊情報

盛岡を観光するなら、一番近い道の駅はここ「道の駅紫波」です。
観光客が帰りにお土産を買いに立ち寄るというシーンも多くみられます。
また、クルマ旅で車中泊している人の秘かな人気スポットとして利用されているようです。

2018年9月には車中泊ブログでおなじみの「わたなべ夫婦」も利用されました。
その時の感想は、

・駐車場やトイレは24時間開放されており、問題なく車中泊ができました。

・駐車場は広々としていますし、ほかにも車中泊利用者がいるので安心できます。

・トイレは清潔で、きれいに掃除がされています

ということです。
詳しいことは、
【盛岡おすすめ無料車中泊スポット】道の駅紫波で車中泊した時の様子をご紹介します!

をご覧ください。

ほかの車中泊利用者の感想は

駐車場は広くトイレは究極にキレイ。
私が訪れた時は15時を過ぎていて産直にはほとんど品物はありませんでした。

—————–

GW中に車中泊しましたが、車も少なく静かで快適でした。

—————–

沿道の交通量はそれほど多くはないが駐車場は広大です。

—————–

記念切符あり。
日中でもそれほどの混雑もなく駐車場台数も適度な規模で車中泊にも良さそう。

引用元:グーグルマップ

で概ね車中泊スポットとしては良好な環境のようです。

ただし、産直・物産を購入する観光客用のバスや、納入業者のトラックが駐車する大型駐車スペースに停めていたというケースもありますので、くれぐれも車中泊派が肩身の狭い思いをしないよう、マナーを守って利用してくださいね。

スポンサーリンク

近くの日帰り温泉「ラ・フランス温泉館」

ここの道の駅では、「ラ・フランス温泉館」の割引券を置いています。
ここから13.4km、車で22分と、ちょっとだけ距離はありますが、夜遅くまでやっていますので、車中泊の際にご利用ください。

引用:グーグルマップ

「ラ・フランス温泉館」は、岩手県紫波町の西部・東根山の麓にある天然温泉で、
洋風・和風の大浴場は、ゆったり広々とし、
肌にやさしいアルカリ性の泉質で「美人の湯」と呼ばれる名湯です。
宿泊もできます。

【所在地】
〒028-3444 岩手県紫波郡紫波町小屋敷新在家90

【TEL】
019-673-8555

【入浴料】
中学生以上:700円
小人:350円

【営業時間】
月~金曜日:10時~21時(最終受付20時15分)
土曜日:9時~22時(最終受付21時15分)
日曜日:9時~21時(最終受付20時15分)

【定休日】
毎月第3水曜日

【アクセス】
「道の駅紫波」から13.4km、車で22分

引用:グーグルマップ

【ホームページ】
https://www.lafrance.co.jp/

「道の駅紫波」の基本情報

引用:グーグルマップ

紫波は県内有数の果実生産地帯。
南部杜氏にもゆかりのある紫波町東部に位置している。
物産館では町内の蔵元の日本酒やワインを販売している。
産直センターでは、りんご、ぶどうなどの季節の果物が揃っていて紫波町の魅力が楽しめる。

【所在地】
〒028-3535 岩手県紫波郡紫波町遠山松原7−8

【電話 】
019-671-1300

【営業時間】
物産館:9時~18時
レストラン:11時~16時
産直センター:8時~18時30分
※冬期は営業時間短縮あり

【定休日】
年末年始

【アクセス】
国道396号線沿い

【駐車場】
一般車:93台
身障者用:2台
大型車:10台

【ホームページ】
http://www.thr.mlit.go.jp/iwate/yakudati/michinoeki/14_shiwa.html

【サービス内容】
・特産品販売
・売店
・食事、喫茶
・情報コーナー
・電気自動車充電設備

まとめ

盛岡から距離的に最も近い道の駅ですし、サクランボ狩りできるサンファーム盛岡 まで車で15分の至近距離にあります。

産直は午前中にはほとんどが売れてしまうというくらの盛況ぶりで、ここには紫波町の魅力がいっぱいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする