北海道のさくらんぼ狩りで食べ放題プランのあるおススメ農園9選

北海道さくらんぼ狩り

北海道のさくらんぼの旬は、本州よりも約1か月遅れの6月下旬から8月上旬というところが多いようです。
また、北海道は梅雨が無く、暑くなる時期でも本州ほど一気に気温が上がらないため、品質的にもサクランボの実が傷みにくく長期間にわたって収穫が可能になっています。
ほとんどの農園が広大な敷地を持っているため、あせることなく存分にさくらんぼ狩りを楽しむことができます。
北海道のさくらんぼ狩りのできる農園は、ほとんどが食べ放題さくらんぼ狩りは時間無制限という太っ腹サービスを展開中、なかでもおススメの農園を9つご紹介します。

スポンサーリンク

余市町の「山本観光果樹園」

【特色】
さくらんぼは、11品種を育てており、6月下旬から8月上旬までの長期間にわたり楽しめます。
そのほかにも、いちご、プラム、モモ、ブドウ、リンゴ、和ナシ、プルーン、ブルーベリーなど季節によりさまざまなフルーツ狩りをお楽しみいただけます。


【料金】
食べ放題時間無制限
大人 1,100円、小学生 880円

【品種】
紅さやか、紅ゆたか、佐藤錦、月山錦、紅きらり、紅秀峰、夢あかり、サミット、南陽、さおり、紅てまり

【営業期間】
6月下旬~8月上旬

【営業時間】
9時~17時

【定休日】
期間中は無休

【住所】
北海道余市郡余市町登町1102−5

【アクセス・車の場合】
小樽から約30分

【電話】
0135-23-6251

【予約】
予約はいりません。

【駐車場】
200台

【ホームページ】
山本観光果樹園

【備考】
・雨天OKのハウスあり

余市町の「中井観光農園」

【特色】
景色が最高です。余市の湾、海が一望にみえて、このへんでは一番景観の良い果樹園です。
お値段も安く、歩く範囲もせまくてまわりやすく、アットホームな接客が好印象です。

【料金】
食べ放題時間無制限
大人1080円、子供870円

【品種】
佐藤錦、水門、紅秀峰

【営業期間】
6月下旬~7月下旬

【営業時間】
9時~17時

【定休日】
期間中はなし

【住所】
北海道余市郡余市町登町1383

【アクセス・車の場合】
札幌から車で1時間半

【電話】
0135-22-2565

【予約】
予約はいりません。

【駐車場】
100台

【ホームページ】
http://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/ss/num/fureai_farm/72nakaikankounouen.htm

壮瞥町の「マルタケたかしな果樹園」

【特色】
こちらの農園は3代に渡って代々この場所で農園を続けています。
北海道の肥沃な大地と、ミネラルを豊富に含んだ山の水で作られる果物は、壮瞥町を一躍「果物の名産地」として有名にしました。

【料金】
食べ放題時間無制限
中学生以上880円、小学生以上680円、3歳以上480円

【品種】
佐藤錦、水門

【営業期間】
7月中旬~8月上旬

【営業時間】
8時~17時

【定休日】
期間中はなし

【住所】
北海道有珠郡壮瞥町滝之町468

【アクセス・車の場合】
道央自動車道、虻田洞爺湖ICまたは伊達ICより、15分

【電話】
0142-66-2155

【予約】
予約の電話を入れてください。

【駐車場】
30台

【ホームページ】
マルタケたかしな果樹園

壮瞥町の「くだもの農家 浜田園」

【特色】
130年以上の歴史ある老舗の施設なので、果物も美味しいものがそろっています。果物狩りの他にジンギスカンも可能なので、果物狩りの後の食事にもオススメです。
園内には直売所がありジュースやジャムの他に、焼菓子の購入も可能なので、お土産としても好評です。

【料金】
食べ放題時間無制限
中学生以上880円、小学生以上680円、3歳以上480円

【品種】
佐藤錦、水門

【営業期間】
7月上旬~下旬

【営業時間】
8時30分~17時

【定休日】
期間中無休

【住所】
北海道有珠郡壮瞥町滝之町358

【アクセス・車の場合】
道央自動車道、虻田洞爺湖ICまたは伊達ICより、15分

【電話】
0142-66-2158

【予約】
要予約

【駐車場】
40台

【ホームページ】
くだもの農家 浜田園

【備考】
・BBQ(ラムジンギスカン)もできる
・雨天OKのハウスあり
・弁当の持込OK

スポンサーリンク

仁木町の「さくらんぼ山観光農園」

【特色】
仁木町は余市町の隣にあり観光果樹園の多いところです。その中にあってその名の通りさくらんぼをメインにした観光果樹園です。
年々口コミによりお客様は増えていきまして、現在では年間に約5万人のお客様がお越し頂けるまでになり、総面積18ヘクタール(東京ドーム約4.2個分)で、その内さくらんぼ畑の面積は15ヘクタール(東京ドーム3.2個分)の広さまでに規模が増え、1,000台収容駐車場、お食事施設ぶどう館とさくらんぼ館、公園、休憩所、ここ数年で雨除けハウスを大幅に増設し設備が充実してきました。

【料金】
食べ放題時間無制限(お土産さくらんぼ100g付き)
中学生以上1300円、小学生1000円、3歳~小学生未満600円

【品種】
セネカ、ビガロージャボレー、水紅、佐藤錦、水門、南陽、ゴールドキング

【営業期間】
6月中旬~8月中旬

【営業時間】
8時~17時

【定休日】
期間中なし

【住所】
北海道余市郡仁木町南町9丁目138番地

【アクセス・車の場合】
札樽自動車道小樽ICから約35分

【電話】
0135-32-2285

【予約】
20名以上の団体は、要予約

【駐車場】
1500台

【ホームページ】
さくらんぼ山観光農園
さくらんぼ狩りについて

仁木町の「観光農園大野園」

【特色】
雨よけハウスでも栽培されているから、雨天時でも安心してさくらんぼ狩りが楽しめます。
リードを持参すればペットも一緒に入れます。
数種類栽培しているので、品種を確認してからお出かけください。

【料金】
食べ放題時間無制限
小学生以上840円、未就学児無料

【品種】

【営業期間】
6月下旬~7月

【営業時間】
9時~16時

【定休日】
不定期

【住所】
北海道余市郡仁木町東町8-5-2

【アクセス・車の場合】
札幌自動車道小樽ICから約40分

【電話】
0135-32-2137

【予約】
団体は要予約

【駐車場】
80台

【ホームページ】
観光農園大野園

【備考】
・団体のみジンギスカンコーナーあり要予約
・ベビーカーや車いすでの入場可
・雨天OKのハウスあり
・トイレあり
・ペット連れOK

芦別市の「大橋さくらんぼ園」

【特色】

さくらんぼ狩りが楽しめる時期は丁度、ラベンダーの開花と重なります。
そのため富良野市の隣の芦別市にあるこちらの農園は、シーズンには観光客が大勢やってきます。
有機質肥料のみで育てられたさくらんぼは、北海道で初の「農林水産大臣賞」を受賞した経歴を持ち、子供にも安心して食べさせられると評判です。
また、栽培されているさくらんぼの数は39品種(平成24年現在)と全国でも圧倒的な数を誇り、北海道一のさくらんぼ園と称されています。

【料金】
食べ放題時間無制限
中学生以上1,500円、小学生1,000円

【品種】
佐藤錦、紅秀峰、南陽など全部でなんと39品種

【営業期間】
7月上旬~8月下旬

【営業時間】
8時30分~18時

【定休日】
期間中はなし

【住所】
北海道芦別市上芦別町469

【アクセス・車の場合】
道央自動車道 三笠ICから約1時間

【電話】
01242-3-0654

【予約】
予約はいりません。
20名以上の団体は要予約

【駐車場】
500台

【ホームページ】
大橋さくらんぼ園

【備考】
・雨天OKのハウスあり

芦別市の「中西サクランボ園」

【特色】
農園オリジナルの品種である「パープル」や、芦別市にしかない珍しい品種である「平和錦」が栽培されており、全国のさくらんぼ通の中では有名な農園です。

【料金】
食べ放題時間無制限
中学生以上が1,000円、小学生700円、幼児400円

【品種】
平和錦、ナポレオン、パープル、佐藤錦など

【営業期間】
6月下旬~8月中旬

【営業時間】
8時~18時

【定休日】
期間中は無し

【住所】
北海道芦別市上芦別町461-6

【アクセス・車の場合】
道央自動車道 三笠ICから約1時間

【電話】
0124-23-0658

【予約】
予約の電話を入れてください。

【駐車場】
100台

【ホームページ】
中西サクランボ園

【備考】
・雨天OKのハウスあり

旭川市の「二階ファミリー果樹園」

【特色】
旭山動物園、旭川ラーメン、層雲峡温泉などで有名な旭川市で、格安でさくらんぼ狩りが楽しめるのが、二階ファミリー果樹園です。
営業日が不定期なため事前にお問合せが必要です。

【料金】
食べ放題時間無制限
小学生以上500円、幼児300円

【品種】
佐藤錦、水門、南陽

【営業期間】
7月上旬~7月下旬

【営業時間】
早朝から日没まで

【定休日】
不定期

【住所】
北海道旭川市神居町西丘22番地

【アクセス・車の場合】
道央道深川ICより約10分

【電話】
0166-72-2145

【予約】
予約の電話を入れてください。

【駐車場】

【ホームページ】
二階ファミリー果樹園

まとめ

食べ放題を満喫したら、もう一つお土産を忘れずに。
本州とは時期的な時間差があるので、旬の北海道さくらんぼはとても喜ばれます。
本州にお住いのご家族やお友達に、農園から宅急便でお土産さくらんぼを送ってみませんか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする