長野出張のお土産で会社女子に喜ばれるおやつ菓子2選

長野県への出張に行くことになりました。
長野県の名物でお値段も手ごろで数があって会社でのお茶うけにうってつけのお土産ってありますか?
このお土産のセンスで女子の評判も違ってくるので気が抜けません。
ある程度メジャーで、確実に駅などでも買えるものを教えてください。
という24才男子会社員のご要望にお応えして、長野県の厳選お土産お菓子を2つご紹介します。

スポンサーリンク

長野出張のお土産で会社女子に喜ばれるお菓子「雷鳥の里 」

【特徴】
「雷鳥の里」は長野県大町市の「田中屋」が製造しているお菓子です。

【価格帯 】
9個入り550円 (税抜)~

【ホームページ】
http://www.raicyonosato.jp/raicyonosato.html

【お客様の声】

お土産でいただきました、雷鳥の里。
渋いパッケージとネーミングで、箱を開けてもまったく中身のイメージがわきません。
箱を開けると、外箱に描かれているのと同じイラストの雷鳥の紙がペラっと入っていて地味にかわいい。
個包装がなぜかねじって留めてあるのも、なんとなくレトロ感が増していてよい感じ。
中身は、ウエハースのような見た目だけどもっとしっかり歯ごたえのある生地に
よくゴーフレットに挟まれてるような、固めのクリーム。
地味だけど、美味しい。
洋っぽいんだけど、お茶でもコーヒーでも合いそうなお菓子。
私は思わずほうじ茶を淹れました。
また買ってきて~とリクエストですね。これは。
一回食べて美味しいと知ったあとに、この雷鳥の紙を見ると
なぜかもっとかわいく見えるから不思議。

【通販】
買い忘れ、手ぶら帰りに

スポンサーリンク

長野出張のお土産で会社女子に喜ばれるお菓子「みすゞ飴 」

【特徴】
「みすゞ飴」は長野県上田市の「飯島商店」が製造しているお菓子です。
みすゞ飴は、国産果実を寒天・グラニュー糖・水飴で固めた、長野県の伝統的な和風ゼリー菓子です。

【価格帯 】
270g入り420円 (税抜)~

【ホームページ】
http://misuzuame.com/product/ame.htm

【お客様の声】

 私が日本の中で一番好きなお菓子。それがみすず飴です。
味が好き。舌触りが好き。何よりもこの飴は私の幼少時の記憶そのものです。
みすず飴は100年以上の歴史がある信州上田のお菓子です。
みすず飴は、一言でいえばフルーツゼリーですが、甘すぎずフルーツの香りがほのかに香る控えめで素朴な味が何とも懐かしさを醸し出します。
特徴ですが、
①果物の玉手箱です。完熟果実で作られています。あんず、もも、りんご、うめ、ぶどう、さんぽうかんの通常6種類に加え、現在はいちごが復活しています。
②オブラートで包まれています。このオブラートの舌触りが絶妙です。一口サイズがセロハンに包まれています。
こちらの飯島商店みすず飴本舗の店内は大正時代に造られ、外観は重厚な石造りです。
店内は古くて大きな古時計や、木造のピアノやテーブルなどノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。
そして何よりも可愛いのは、みすず飴のキャラクターです。写真を付けたのでぜひ見て欲しいです。
こちらの飯島商店みすず飴本舗は、国の有形文化財に指定された由緒ある建物です。
上田の駅前すぐのところにあるので、上田に寄った際は、ぜひこちらの飯島商店を訪ねるのがおすすめです。
そしてみずず飴の試食をすれば、たちまちこの素朴で控えめなみすず飴の魅力のとりこになると思います。
愛してやまないみすず飴、末永く続くことを祈っています。

【通販】
買い忘れ、手ぶら帰りに

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする