栃木県への出張で会社の女子から喜ばれる「お土産おやつ」2選

栃木県の名物でお値段も手ごろで数があっておいしいお土産ってなんでしょうか?
じつは栃木 県への出張に行くことになりました。
会社へのお土産はどのようなものが喜ばれるのでしょうか。
このお土産のセンスで女子からのあたりも良くなるそうですから気が抜けません。
ある程度メジャーで知っている人が多くて、確実に駅で買えるものを教えてください。
という25才男子会社員のご要望にお応えして、栃木県の厳選お土産お菓子を2つご紹介します。

スポンサーリンク

栃木出張で女性社員に喜ばれるお土産お菓子は「日光甚五郎煎餅」

【特徴】
「日光甚五郎煎餅」は栃木県日光市の「石田屋」が製造しているお菓子です。

【価格帯 】
18枚入り540円 (税込)~

【ホームページ】
http://www.jingorou.com/onlinestore/cat1.shtml

【お客様の声】

私にとって日光の土産といえば甚五郎煎餅と羊羹。
特に甚五郎煎餅は、箱入りの商品でなければそのコスパの良さは、職場お土産にピッタリですよ。
味は、ほんのちょっと硬めの煎餅に絶妙の塩味がたまりません。
職場にもっていくと喜ばれるお土産の一つになっています。
ちなみに、煎餅類のお土産はしっかりとした包装でないと割れることが多いのですが、ここの煎餅は持ち帰り時にほとんど割れたことがありません。
ほんのちょっと硬めがここで活きているのでしょうか?

【通販】
買い忘れ、手ぶら帰りに

スポンサーリンク

栃木出張で女性社員に喜ばれるお土産お菓子は「古印最中」

【特徴】
「古印最中」は栃木県県足利市の「香雲堂本店」が製造しているお菓子です。

【価格帯 】
5個入り702円 (税抜)~

【ホームページ】
http://koundohonten.jp/j-conf

【お客様の声】

 いつもお土産でいただく古印最中。私はこの最中より美味しい最中を食べたことがありません。正に比類なき最中の王、キングオブ最中です。これ以上の最中が世界にないと思われるためです。
皮は薄く軽やかで、口の中で溶けるようにほどけ、餡は小豆の食感を残しながら瑞々しい甘味が広がり極めて美味しいです。この餡の瑞々しさはこの最中の特筆すべき特徴で、丁寧に煮られているであろう小豆の中に、美味しさが凝縮しています。一つでは止まらず二つ食べてしまいます。
こんな最中が他にありますか? いえ、ありません!
ダイエット中に古印最中をもらって我慢できますか? いえ、できません!
古印最中を王と認めますか? YES I AM!
箱買いですと、形は正方形、長方形、棒がありますが、棒は半分ぐらい一気に食べた方がいいです。やはり口いっぱいに餡が広がることが大事です。価格もお安くコスパも非常に高いです。
特に作られた当日の最中は皮がより軽いためおすすめです。

【通販】
楽天やアマゾンでは販売されていません。
ご注文は、下記より
http://koundohonten.jp/about_order

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする