野沢温泉の道祖神祭りのスケジュールは?おススメの楽しみ方は?

日本三大火祭りの一つに数えられる野沢温泉の道祖神祭りは、毎年1月15日の夜に行われます。
準備は13日から始まるので、できれば3泊4日で訪れたいところです。
野沢温泉では、道祖神祭りと合わせて外湯巡りと野沢温泉スキー場でスキーも一緒に楽しんでください。

スポンサーリンク

野沢温泉 道祖神祭りのスケジュール

1月13日 午後1時~ 御神木里曳き
1月14日 社殿組み立て
1月15日 昼過ぎ 社殿完成予定
19:00 火元もらい
19:30 燈篭到着
20:00 花火、道祖神太鼓
20:30 火元到着
野沢組惣代の火つけ
初燈篭の火つけ
子供の火つけ

20:50 大人の火つけ
22:00頃 終了

となっています。

祭りのメインは1月15日19時から22時にかけてです。

道祖神祭りの社殿は、翌朝まで燃えています。
道祖神祭りの火は正月飾りや注連縄、おふだなどを焼いた神聖なものとされ、その残り火で 焼いた餅を食べると1年間は風邪を引かないと言われています。
ですから地元の村人たちは16日の早朝になると、餅と網と醤油をを持参して焼いて食べます。
あなたも、昔の風習にならって、出掛けてみてはいかがでしょうか。
ただし、餅や網はご自分で用意してくださいね。

最低でも野沢温泉の宿で15日に一泊、全てを見ておきたいなら13日から3泊4日のスケジュールで楽しみたいものです。

スポンサーリンク

フルコースの楽しみ方
13日は 御神木里曳き見学と野沢温泉スキー場でスキー
14日は 社殿組み立て見学と外湯巡り
15日は 日中は野沢温泉スキー場でスキーを楽しみ、夜は道祖神祭り
16日は 早朝に餅を焼きに行って食べる

ってのはどうでしょうか?

宿泊先選び、スキー情報の参考にどうぞ↓

野沢温泉スキー場の詳しい情報

野沢温泉 外湯めぐりの情報
多くの源泉が自噴しており効能豊かな天然温泉を温泉街に点在する13ヵ所の外湯(無料で利用可能)で楽しむことができます。

野沢温泉 宿泊プラン情報

野沢温泉 道祖神祭りの基本情報

開催場所:長野県下高井郡野沢温泉村 馬場の原

開催日:毎年1月15日 19:00~22:00頃

問合せ先:野沢温泉観光協会 0269-85-3155

アクセス:自家用車で行く場合
駐車場は、温泉街に3箇所、スキー場に3箇所のあります。

電車・バスを利用する場合
野沢温泉の最寄り駅は、北陸新幹線 飯山駅となります。
飯山駅からは、直通バス「野沢温泉ライナー」をご利用ください。
飯山駅から野沢温泉まで約25分です。

公式ホームページ:http://www.nozawakanko.jp/spot/dousozin.php

道祖神祭りを取材したブログはこちらが秀逸です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする