副業で不動産経営をしている場合の確定申告のしかた

hudousan

サラリーマン大家をやっています。
はじめたばかりで、まだ軌道には乗っていないので、本業の会社勤めをやめるわけにはいきません。
ゆくゆくは、不動産のみで生計をたてるつもりです。
なので、会社にバレないやりかたで確定申告をしたいのですが・・・

スポンサーリンク

副業で不動産収入がある場合の確定申告

最近では、サラリーマンの方でもマンションやアパートなどの不動産にて賃貸収入を得る方が増えています。
副業が「不動産投資」の場合の所得の種類は「不動産所得」になります。
不動産所得の場合は、所得の合計(賃貸収入から必要経費を引いたもの)が20万円以上の場合は、確定申告をしなければなりません。

年が明けて、確定申告をする段になってあわてないために、あらかじめ申告に必要な書類を揃えておくよう心がけましょう。

不動産所得の確定申告に必要な書類とは

・通帳や契約書などの収入のわかるもの

・賃借人の氏名や家賃月額、賃借機関、敷金、礼金などがわかる資料

・通帳、領収書、請求書など必要経費がわかるもの(銀行振込所、借入金の支払い明細、固定資産税領収書、保険金領収書、管理費など)

スポンサーリンク

本業の会社に副業の不動産投資がバレない方法

会社に不動産投資がバレたくない場合は、所得が20万円を超えない場合にも、お住まいの市区町村に「住民税の申告」が必要です。

副業の所得分の住民税だけ、普通徴収にすることが出来ればバレることが防げます。
必ず、確定申告(もしくは住民税の申告)をする際に「普通徴収」にチェックを入れましょう。

確定申告の場合の記入方法

kakuteisinkoku

確定申告書の「第二表」に「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」という枠があり「自分で納付(普通徴収)」欄にチェックをいれると、自分で直接納税となります。

市区町村へ住民税の申告の場合の記入方法

jyuuminzei

市区町村によって用紙は変わりますが、「給与・公的年金等に係る所得以外の住民税の納付方法」の欄を「普通徴収」にすると、自分で直接納税となります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする