副業で株をやっていますが確定申告は必要か?

tokuteikouza

副業で株をやっています。
株の利益は今年はトントンになりそうです。
このような状況ですが確定申告をする必要はありますか?

スポンサーリンク

確定申告の判断は証券会社の口座の種類によります

副業が「株の売買」の場合は、所得の種類が「譲渡所得」になります。

株の場合は、売買している口座の種類によって確定申告が必要かどうかが違います。

下記の表を参考にしてみてください。

image

あなたの口座の種類はどの口座でしたか?

たいていの株の教科書では、サラリーマンの場合は「特定口座の源泉徴収あり」を選ぶように推奨されているので、この場合は確定申告をする必要はありません。

【口座の説明 】

スポンサーリンク

※特定口座(源泉徴収あり)…証券会社等が税金を天引きして納税までしてくれるので、確定申告の必要はありません。ただし、年間を通して損をしている場合は、来年以降に利益が出ると「3年間の繰越控除」で利益の相殺に使えますから、申告してもいいと思います。

※特定口座(源泉徴収なし)…証券会社等が「年間取引報告書」を送ってくれますので、それを用いて確定申告をします。ただし、年間通して損をしている人は不要です。

※一般口座…自分で「売買報告書」を元に「取引報告書」を作成して確定申告を行います。ただし、年間通して損をしている人は不要です。

※NISA口座…年間100万円の元金からでた利益について非課税なので、確定申告は必要ありません。ただし、配当金を郵便局や銀行口座で受け取った場合には、課税対象となりますので、20万円を超える場合は確定申告が必要です。

会社に株の副業がバレたくない場合

特定口座(源泉徴収あり)を選択すると、住民税の納税も証券会社等が直接行うので会社にバレることはありません。

「特定口座(源泉徴収なし)」「一般口座」で利益が出て確定申告が必要な場合は、住民税の納付に「普通徴収」にチェックを入れましょう。

jyuuminzei

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする