実家への贈り物とお礼をする時のマナー

実家への贈り物選びは意外と悩むものですよね。
でも、思いを巡らすその時間が大切なのです。

スポンサーリンク

どう使ってほしいか考えて贈ることが大切

贈り物のポイントは2つ。
1つは、送る相手の好みや関心事など、
情報収集をすること。
そして、なぜそれを選び、
どう使って欲しいか考えて送ること。

たとえば、
「黒の手袋を使っている義母さんへ、
素敵な色の手袋を気分転換用に」
などとあなたの思いを込めれば、
義父母へのオリジナルのプレゼントになります。

贈る時には手紙かカードを添えて

「なぜそれを選んだか、どう使って欲しいか」
と言う自分の思いを、
手紙かカードに綴って贈りましょう。

気持ちが伝わります。

あなたの想いを添えないと、
贈った意図がわからず、

「え、これなら、持っているのに…」
ということになってしまいがちです。

スポンサーリンク

いただいたらすぐにお礼の電話か手紙を

逆に贈り物をいただいたら、
すぐお礼の電話か手紙を差し上げます。

どう嬉しかったか、
それをどうしたか、
具体的に伝えるのがコツです。

出産祝いなど、
お返しをすべきものもありますが、
他はお礼を言うだけで大丈夫。

いいものを見つけた時に贈ると良いでしょう。

贈り物選びのヒント

【誕生日】
趣味に関するもの、
好きなもの、
役に立つもの、
食事会。

【母の日】
自分のためのもの、
ちょっとした贅沢品(身に付けるものなど)

【父の日】
趣味に関するもの
(例えば散歩好きならウィンドブレーカーなど)

【お中元・お歳暮】
3,000円から5,000円が目安。

両方ならお中元3,000円~4,000円、
お歳暮4,000円。

【銀・金婚式】
バス旅行、
旅行券、
観劇チケットなど
夫婦で楽しめるもの。

【長寿のお祝い】
みんなで集まる宴席と
ちょっとした贈り物、
身に付けるもの。

まとめ

親の本音として、たいそうなものいただくとお返しが大変…というのがあります。
昔の人はお返しを考えるものなのです。
気持ちを込めた手紙を添えたさりげない贈り物が、相手の負担にならず良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする