義父母から子育てで干渉される時の対処方法

時代が変われば、子育てや教育方針が変わるのは当然のことです。
意固地にならずにしなやかな対応をしてください。

スポンサーリンク

子育て方針に口を出されたら、まずは聞くこと

義父母に自分たちの子育てについて何か言われたら、
いろいろな思いはあると思いますが、
まずは
「はい、わかりました」
と聞くことがとても大切です。

ここで不満そうな表情を出したり、
「でも」と言い出すと、きりがなくなります。
まず受け止めることです。

その内容が的はずれなこと、
賛同できないこともあるでしょう。

その場合は、「はい」と聞いておいて、
その通りにしなくてもいいのです。

子供にとって最良の方法は何かを考えることを基本にしましょう。

義父母も甘やかしすぎには、子供の相談をする形で

義父母が、孫可愛さで甘やかしすぎる事は多いようですね。

「やめてください」ではなく、
「最近、わがままを言うのですが、どうしたらいいでしょう」などと、
子供のことを相談する形をとると良いでしょう。

幼児でも、子供にはしっかり話しておくことが大切です。

「おばあちゃんは、あけみちゃんが可愛くてお菓子をたくさんくれるけれど、
虫歯になるから、
「おばあちゃん、ありがとう」と言って、
甘いものはいっこにしておこうね」
などと根気よく話しておきましょう。

スポンサーリンク

子育てや家事の一部を頼むならわかりやすく

保育園の送り迎え、子供の預かり、食事作りなど、
子育てや家事の1部を親に頼むときは、
親の立場になってお願いしましょう。

親だからと、自分中心に頼みがちなので、
気をつけてください。

大事なのは、相手にわかりやすく情報を伝えること。

何度か頼んでいても、
忘れたり戸惑うこともあります。

口頭だけでなく、
メモ書きにして渡す、
シールを貼っておくなどの工夫をしてください。

親を信頼している、
安心だと言う気持ちも、
感謝の言葉とともに伝えましょう。

親に頼む時のポイント

・最初に相手を気遣う
頼むときは「お忙しいところ申し訳ない」と言葉をかけて

・突然頼むときはお詫びと理由を言う

・相手の気持ち、都合を尊重する
「予定がはいってますか?」
「大丈夫ですか?」と聞いて

・日にち、時間、場所などの内容を明確に

・子供の様子、好きな遊び、ものの置き場所などを、わかりやすく伝える

・感謝の気持ち、信頼・安心していることを伝える

まとめ

「私は子育て経験者だからよくわかっているのに」
と祖母たちの声が聞こえてくるようです。

先輩としての意見は尊重し、
まずは受け止めてから相談するのがよさそうですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする