義父母とうまくいく会話とは?

親の本音は、「嫁は私たちのことをどう思っているのかしら」「育った環境は違うけど、家になじんでいてくれてるかしら?」と気がかりに思っているものです。
例えば、「私の実家ではこうなのですが、お義母さんはどうされていますか?」などと、情報交換を積み重ねていくと、義父母も安心します。
今回は、このような会話での注意点、マナーについて述べます。
参考にしてより良い嫁舅関係を築いてくださいね。

スポンサーリンク

大事なのは相手に興味を示すこと

まず、義父母の家価値観や生活習慣は、違って当たり前と思いましょう。
その上で、相手に興味や関心を示すことが関係づくりで最も大事です。
愛情を持って、義父母のことを気にかける姿勢が、あなたの会話や行動を柔軟にし、義父母の心も開かせます。
きっと楽しい会話になるでしょう。

義父母が楽しくなる話題を

言葉遣いには、相手を大切に思っているかどうかが現れます。
丁寧を心がけましょう。
さらに気をつけたいのが義父母の前での夫の呼び方です。
いつもの呼び方で良いのですが、
呼び捨てだけはやめましょう。

話題は、義父母が楽しくなること、
義父母の自慢につながることにすると話が弾みます。

夫を褒めれば嬉しく感じるでしょう。
夫の子供の頃のことを聞いて、
情報を共有していくことも大切です。
親戚、ご近所、その地方のことも話しやすい話題です。

スポンサーリンク

雑談から義父母の好みを情報収集

親は、子供たち夫婦の表情からいろいろ察し、
気を揉んだりするものです。

親の前では、言葉遣いを丁寧にするとともに、
穏やかな表情でいることも、
大人の礼儀の一つです。

かしこまりすぎる事はありません。

「気さくさ」もとても大切ですので、
どんどん雑談をしましょう。

義父母に会ったとき、
知っていること、
食べている様子、
着ているものなどをきっかけに、
「これ、お好きなのですか」
などと尋ねたりすると、
相手についての情報が増えていきます。

聞くばかりではなく、
自分が持っている情報も適度に提供していくと、
相手も話がしやすくなり、
さらに義父母のことを知ることができるでしょう。

まとめ

義父母との関係づくりの基本は会話から。
相手を知ろうとすれば自然と会話は弾みますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする