ふるさと納税で冬の味覚の高級なエビとカニを堪能する方法

erimotarabagani

ふるさと納税の返礼品として、牛肉に次ぐ人気商品は、冬の味覚の魚介です。
中でも、「松葉ガニ」と「タラバガニ」が人気の的となっています。

スポンサーリンク

ふるさと納税で冬の味覚の魚介を楽しむ

冬の味覚の代表的な魚介類として、ふるさと納税のねらい目はカニとエビでしょう。
なぜなら、いっぱんには流通しない品種や市場で品薄なものを、地元の漁業者がふるさと納税向けに確保して提供しているケースが少なくないからです。
なかでも一般にはほとんど流通しない「松葉ガニ」やカニの王様とも称せられる「タラバガニ」が本命でしょう。

「松葉ガニ」はズワイガニのなかでも最高級とされる山陰地方の名物です。
ほとんどが料亭や旅館に流れ、一般には流通することが少ない。
そんな「松葉ガニ」をふるさと納税向けに業者が特別に確保して提供しているのですから。

「タラバガニ」も、この冬の時期ならではの味覚として味わいたい逸品です。
とくに今年は不漁で流通量が非常に少なく、小売店では手に入りにくい状況となっています。

ふるさと納税の返礼品ならではの希少価値の高いエビとカニ

松葉がに(ボイル)2枚

matubagani

【自治体 】 鳥取県琴浦町

【取り扱いポータルサイト】ふるさとチョイス

【寄付額】25,000円で2杯

【特徴】一般には流通せず、高級旅館や料亭でしか味わえないズワイガニの最高峰「松葉ガニ」が2杯届きます。
ボイルのほか、同じ寄付額で生も提供しています。生は刺身にできます。

伊万里湾の活き車海老

kurumaebi

【自治体 】佐賀県伊万里市

【取り扱いポータルサイト】ふるさとチョイス

【寄付額】 10,000円で500g

【特徴】活き海老が寄付額1万円で500g(10~25尾)も届きます。
車海老は身の部分が多いので、食べごたえがあります。

スポンサーリンク

朝茹でたらばがに姿

erimotarabagani

【自治体 】 北海道えりも町

【取り扱いポータルサイト】ふるさとチョイス

【寄付額】 20,000円で1.5kg

【特徴】活きタラバガニを水槽で管理し、朝に茹でてすぐに冷蔵で出荷します。
冷蔵なので身がプリプリでとても甘い。
多い時で1日に70杯も出荷される大人気商品です。

ふるさと納税のお得なエビとカニの返礼品

タラバガニ 1.5kgセット

namatarabagani

【自治体 】 北海道根室市

【取り扱いポータルサイト】 ふるさとチョイス

【寄付額】 20,000円で1.5kg

【特徴】 生の本たらばがにのセットです。殻を食べやすく剥いてありますので、かにステーキ、かにしゃぶ、かに鍋等でお楽しみ頂けます。

冷凍毛ガニ(ゆで)3尾セット

kegani

【自治体 】 北海道枝幸町

【取り扱いポータルサイト】ふるさとチョイス

【寄付額】 20,000円で1.62kg

【特徴】 毛がにの水揚げ量日本一の町・枝幸町より、茹でたてを急速冷凍した毛ガニを厳選、いつでも食べられる冷凍でお届けします。540gと大きめのサイズで、オホーツク最高の海の幸をしっかりとお楽しみいただけます。

極上ボイルずわいがに爪

zuwaiganitume

【自治体 】静岡県焼津市

【取り扱いポータルサイト】ふるさとチョイス

【寄付額】 10,000円で1kg

【特徴】ニシン、ホッケ、鮭など水産資源の宝庫であるカナダ産(またはアラスカ産)の蟹爪(カニ爪)です。
これら豊富なエサを食べ育った取れたてのズワイガニを、グツグツと煮えたぎる大鍋で茹で上げました。
殻むきは簡単。殻の周りに切れ目が入っています。
お子さんでも大丈夫。自然解凍するだけで食べられます。

まとめ

年末からお正月にかけての、「特別な日」に需要が高いのがエビとカニです。
品切れになる前に、ゲットしておきたいですね。

スポンサーリンク