小学生の夏休み自由研究のネタに困ったら小岩井農場へ!


引用元:小岩井農場

毎年、頭を悩ませる宿題の自由研究も、帰省先で済ませてしまえば一石二鳥ですよね。
岩手県雫石町にある小岩井農場で、遊んで学べる自由研究のネタになりそうな体験ができるようにアドバイスします。

スポンサーリンク

まずは、お子さんの好きな興味がある分野から選んでください。
小岩井農場は広い施設ですので、何を観察するのか、あらかじめポイントを絞っておくことをお勧めします。

トラクターバスで行く自然満喫ツアー(100年杉林道コース)


引用元:小岩井農場

毎日3回(土日祝日は4回)開催されています。
非公開森林エリアの100年杉林道コースガイド付きのトラクタートレインで巡るツアーで小岩井農場の雄大な自然を体験してみてください。
子供の自由研究よりも親の為のリフレッシュ森林浴かもしれませんね・・。

【料金】
中学生以上800円、5歳以上400円

【時間】
10時~10時40分
13時~13時40分(土日祝日のみ)
14時~14時40分
15時~15時40分

低温殺菌牛乳でバターを作ろう


引用元:小岩井農場

料理に興味がある女の子のお子さんの自由研究にうってつけの企画ですね。

【開催日】
土日祝日

【開催時間】
1回目11時30分~
2回目13時30分~

【料金】
500円

【定員】
各回50名限定

【場所】
ミルク館2階

木工教室で作品作り


引用元:小岩井農場

自由研究と工作の作品を選べる場合で、もしお子さんが作品作りに興味があれば、木工教室で作品制作という手があります。

木工教室のメニュー

小岩井農場産の木材を利用したオリジナル工作キットがあるので、だれでも簡単に作れます。
木の実や小枝を使った工作も新しく登場しました。
人気のメニューは
・オルゴール+アレンジプレート:1,230円~
・SL機関車+貨車:1,620円~
・木~ホルダ~:320円~
・動物キット(牛、馬ほか):650円~

その他、トラクターやトレーラー、ファームダンプ、写真立て、ペン立て、貯金箱、鳥のエサ台など色々作れます。
お子さんより親の方が夢中になってしまうので、注意してください・・。

小岩井農場でペルセウス座流星群観察会


引用元:小岩井農場

お子さんが、宇宙や天文に興味があるのなら、夏休みのお盆の時期にうってつけの星座観察会があります。

ペルセウス座流星群観察会の体験を自由研究に

三大流星群の一つに、ペルセウス座流星群があります。
極大の日時は、2017年8月13日朝4時。
一年のうちで一番多くの流星が見れる季節だと言われています。
ペルセウス座流星群を見る場所としては、やはり、都会の光が関係しない所の方が良いです。
ペルセウス座流星群の出現数、つまり流れ星の数は、1時間当たり60個!!
つまり、1分に1個くらいは流れます。
こんなに流れる流星群は、ありません。
流星群の中のキングといってもいいかもしれません。
夜空に向けられた大型天体望遠鏡をのぞいたり、専門ガイドによる星のお話があります。
お子さんの夏休みの宿題や、自由研究にぴったりです!

過去の「ペルセウス座流星群」で予習

【開催日】
8月12日(土)・13日(日)

【開催時間】
19:00~21:00 ※途中入場可

【受付時間】
18:30~19:30

【開催条件】
晴天時のみ
当日の開催可否判断は16:00

【料金】
大人800円、子供300円

スポンサーリンク

小岩井農場の基本情報

【見どころ】
宮沢賢治もたびたび訪れたといわれる創業1891年の歴史ある農場です。
小岩井は地名ではなく、共同創始者3名(小野/岩崎/井上)の姓の頭文字をとり「小岩井」農場と名づけられました。とこんなことも自由研究にのっけるといいかもね。
小岩井農場では羊の放牧や乗馬、馬車だけでなく天体観測、木工教室、バーベキューなども可能。
バスツアーや歴史散策などのイベントも多いので入場時に時間割をチェックしておきましょう。

【基本入場料】
中学生以上800円、5歳~小学6年生300円

【所在地】
岩手県岩手郡雫石町丸谷地36-1

【電話 】
019-692-4321

【営業時間】
9時~17時30分(入場は16時30分まで)

【定休日】
なし

【アクセス】
東北自動車道 盛岡ICより約15分

【駐車場】
無料駐車場: 大型バス 30台、普通車 2,000台

【ホームページ】
小岩井農場

まとめ

ぶらりと訪れても一日中楽しめる小岩井農場ですが、自由研究が目的であれば、イベントのスケジュールに間に合うように訪問することが大事です。
あらかじめ準備をしておけば、より深い内容の研究ができます。
おかあさんも一緒に予習しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする