パリ協定とは?子供にわかりやすく説明できますか?

パリ協定

パリ協定からアメリカが脱退することになって、大きな話題となっています。
昨日、小学生になる子供から「パリ協定ってなんのこと?」と質問されました。
その場でスマホで検索するのもはばかられ、「あとでゆっくり教えてあげるね」とお茶を濁してしまいました。
毎日のように耳に触れ、わかっているようで実はよくわかっていませんでした。
「パリ協定」「アメリカ脱退」について、子供にもわかるようにかみ砕いて教えてください。

スポンサーリンク

パリ協定とは?

地球温暖化が進むと、夏の暑い日が増えて体がおかしくなったり、海の水が陸に押し寄せるようになって南の島が海に沈んだりする心配があります。
その影響ですでに貧しい国では既に被害が出始めています。

パリ協定の目標は、地球を暖めて豪雨干ばつなどの異常気象を起こす原因となる二酸化炭素などの「温室効果ガス」の排出量を減らし、約200年前からの気温上昇2度未満にすることです。

アメリカのトランプ大統領はパリ協定から抜けることにした

アメリカのトランプ大統領は2017年6月1日、地球温暖化を防ぐための国際的な取り決め「パリ協定」から抜けると表明しました。
190カ国以上がパリ協定に賛成していますが、温室効果ガスを出す量が中国(20.1%)について世界2のアメリカ(17.9%)が抜けると、大きな打撃となります。
トランプ大統領は「自分の国が第一」と考え、協定に止まれば大変なお金がかかり、アメリカにとって「とても不公平だ」と批判しました。
発展途上国が行う温暖化対策への支援も辞めるとも言っています。

パリ協定の今後

パリ協定はこれからどうなるのでしょうか?
ドイツ、フランス、イタリアなどヨーロッパや中国のトップは、アメリカが抜ける事は「大きな誤り」と言う考えで一致しています。
日本の政府も抜けないよう働きかける方針です。

パリ協定の規定で、アメリカが協定を向けるのは早くても2020年以降ですが、世界の地球温暖化対策はアメリカ抜きで進めることになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする