鹿児島出張のお土産で会社女子に喜ばれるおやつ菓子2選

鹿児島県への出張に行くことになりました。
鹿児島県 の名物でお値段も手ごろで数があって会社でのお茶うけにうってつけのお土産ってありますか?
このお土産のセンスで女子の評判も違ってくるので気が抜けません。
ある程度メジャーで、確実に駅などでも買えるものを教えてください。
という24才男子会社員のご要望にお応えして、鹿児島県の厳選お土産お菓子を2つご紹介します。

スポンサーリンク

鹿児島県出張のお土産で女性社員に喜ばれるおやつ菓子は「かすたどん」

【特徴】
「かすたどん」は鹿児島県鹿児島市の「薩摩蒸氣屋」が製造しているお菓子です。

【価格帯 】
1個入り108円(税込)~

【ホームページ】
http://www.jokiya.co.jp/index.html

【お客様の声】

カスタードをもじった名前で、いかにもカスタードのお菓子って感じマックスですけど。
鹿児島名産のけんか鶏(薩摩鶏)の卵をたっぷり使ったコクのあるカスタードクリームを使用しているらしい。
甘さは控えめで、ほわほわのカスタードクリームは何度食べても飽きのこない味。
スポンジはしっとりケーキでとろけるような食感は
くせになりますね。
珈琲や紅茶と一緒に食べれば、素敵なおやつタイムを堪能出来ます。

【通販】
買い忘れ、手ぶら帰りに

スポンサーリンク

鹿児島県出張のお土産で女性社員に喜ばれるおやつ菓子は「かるかん」

【特徴】
「軽羹(かるかん)」は鹿児島県鹿児島市の「明石家」が製造しているお菓子です。

【価格帯 】
1個入り1,188円(税込)~

【ホームページ】
https://www.akashiya.co.jp/index.html

【お客様の声】

 軽羹は米粉、自然薯、砂糖のみで作る極めてシンプルなお菓子で、軽い羊羹といった意味で軽羹というともいわれている。江戸時代の島津斉彬の頃に作られ、元祖は播州明石の人が作ったので明石屋の軽羹で有名だ。ただし、ほかにも蒸気屋なども地元では有名だ。そもそも、自然薯が入るお菓子は薯蕷饅頭がよく知られていて、柔らかく、なめらかな皮が特徴的だ。軽羹も生地に空気が十分含まれてやわらかい。
餡が入ったものを軽羹饅頭、入っていないものを軽羹というが、うまさは断然後者だ。両方買って、食べ比べてみるといいかもしれない。そもそも餡は取り上げるほどのうまさはないように感じている。

【通販】
オンラインショッピング

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする